新 十津川 警部。 新・十津川警部シリーズの登場人物

特に甲斐正人氏作曲のあの西村京太郎トラベルミステリーのテーマ曲はアンセムソングといってもいいほど定着してます 新井慎二(元車掌・パチンコ「フォーカス」常連客) - 田村亮 第11作「南伊豆高原殺人事件」(1996年)• 西村京太郎トラベルミステリー テレビ朝日制作・土曜ワイド劇場枠にて放送 十津川省三役 三橋達也 第1作~33作 高橋英樹 第34作~現在 亀井定夫役 愛川欽也 第1作~57作 高田純次 第58作~現在 制作シリーズ数:67作 シリーズ放送期間:1981年10月~放送中 オールドファンには懐かしい三橋達也と愛川欽也による十津川・亀井コンビで幕を開け、その後に高橋英樹・愛川欽也コンビとなり、現在は高橋英樹と高田純次によるコンビとなっているテレビ朝日系列の西村京太郎トラベルミステリーシリーズです
また元警察OBが直接乗り込んできて十津川に圧力を掛けた時は「十津川君は県警の要請に答えただけ」と擁護している 十津川警部(内藤)と亀井刑事(石丸謙二郎)ら十津川班が捜査に乗り出す中、同様の事件が横浜でも発生する
ここでは、 十津川警部自身が殺人事件の容疑者になるハラハラドキドキの展開で、 難事件に挑む新コンビの活躍を描いた作品でした 青池弘志(深町法律事務所 弁護士) -• 現実の警視庁捜査一課長はノンキャリアの専用ポストなので、この設定は現実には有り得ない
江藤愛(アナウンサー) - (本人役)• 佐藤誠(弁護士) -• コーディネーター - 山内和明(第2作)、野上順子(第2作)、千葉昭夫(第3作)、松本啓一(第14作)、ディミトリー・シェメトフ(第18作)、アナトリー・マルコフ(第18作)、ヤン・ベーダム(第18作)、アンドレ・クズネツォフ(第18作)、石塚康(第20作)• VE -• 保守系の議員と知り合いであり、のの阻止の際には助力を求めた それにしても・・代役も超豪華ですよねえ
石原さとみさんの新恋人として注目を集めているSHOWROOM社長の前田裕二さん
加治木(鹿児島東警察署 警部) -• 黒田正則(大造の秘書) -• 五十嵐勘輔(五十嵐金融 社長) -• このため十津川には「ほろ苦い青春の記憶」として刻まれている 内藤剛志 ないとうたかし &石丸謙二郎 いしまるけんじろう の新・十津川警部シリーズ 西村京太郎サスペンス 新・十津川警部シリーズ TBS系列・「月曜名作劇場」にて放送中 十津川省三役:内藤剛志 亀井 定雄役:石丸謙二郎 制作シリーズ数:2作 シリーズ放送期間:2017年1月~放送中 長寿シリーズとなった十津川警部シリーズを引き継いだ新・十津川警部シリーズです
北川夏美(深雪の妹・「ホテル森本」仲居) -• 写真協力 -• とはいえ別の事件で警察幹部に疑いが掛かった時は、十津川からスパイを頼まれ「期待しないでくれ」と渋々ながらもやるべきことはやっている 月9、ちょっと困惑しております
愛用拳銃はベレッタ22口径 マンション管理人 -• 藤城沙織(江梨子の大学の同期) -• 外部リンク [ ]• 被害者が計画していた旅のスケジュールを確かめながら捜査を進める十津川を、雑誌記者の渡辺ひろみ(中山忍)が付け狙う
94
杉本 演 - (第5作 - 第7作) 警視庁捜査一課 刑事 - オリオンズベルト• 鮫島産婦人科医院 院長 -• - ザテレビジョン• 渡瀬さんに代わる演技派のシブい俳優が2サスに来て欲しいですね
2017年4月6日閲覧 堂森敬七(石倉の第一秘書) -• 日野(警部) -• 郷土料理屋「津軽」女将 -• 主に短編集で主人公を務めている
ま、渡瀬十津川警部のときは、ツダカンが井岡さつきを殺していたのが疑問だったんだけど、そこは犯人を変えてきたw 苦し紛れだったし、犯人もしょぼかったけど・・・ 小林由美(ホステス) -• 浜中梅子(浜中の母・八百屋) -• 斎藤邦子(たてやま温泉「夕日海岸 昇鶴」仲居頭) -• 発売日/2014年8月20日(水) 第27弾「海を渡った愛と殺意」(1997年)を収録
また、十津川シリーズの出演者たち4人が、ドラマの舞台となった地を訪れ、第1作「札幌駅殺人事件」の舞台である札幌を古川りか、第35作「金沢加賀殺意の旅」の舞台である金沢を山村紅葉、第29作「松山道後温泉十七文字の殺人」の舞台である松山を中西良太、第19作「河津七滝殺人事件」の舞台である伊豆を堤大二郎が旅した 一部の作品では「寺内」という姓になっており、ドラマ版『』はこちらの姓が使われている
は飲めない 『江ノ電の中の目撃者』では、一人娘・由紀が十津川を訪ね、「母が父を殺したという嫌疑を晴らしてほしい」と頼んで来た
主演は TBSはシリーズ衣替えの理由として、2016年4月から時間枠名が「」に変更されたことに伴うものと説明している
発売日/2015年6月10日(水) 第48弾「尾道・倉敷殺人ルート」(1998年)を収録 - ジェイエフシーティー• 窪田靖男(旅館「ふきや」支配人) - 青島健介• 慎重だが容疑者をクロと断定したら十津川に逮捕を急かせるなど性急なところがある反面、マスコミに叩かれるなどして一度弱気になるととことん臆病になってしまう
34
富岡昭子(富岡の妻) -• 前の『十津川警部シリーズ』に犯人役で出演した時に、渡瀬恒彦さんに主役を演じる心構えをお聞きしたところ、先輩(渡瀬)は「自分のことは後にして、周りの出演者、スタッフが、どうしたらやりがいのある作品になるかを考えることが大切だ」と仰いました。 21年前はのを務めていた。 射撃指導 - 加瀬裕樹(第12作)、阿久澤博政(第12作)• 以下に詳細を記します。 十津川が私的な理由で行動することを「三上部長が知ったら怒るぞ」と言いながらも黙認している。 演 - 山田亮(第8作)、(第18作 - 第32作) 警視庁捜査一課刑事。 旧姓は「西山」(第8作)。 旧姓は「西山」(第8作)。 安原美知子 演 - (第4作・第9作・第13作・第14作・第17作 - 第19作・第21作 - 第53作)、(第8作) 警視庁捜査一課刑事。
1