三島 由紀夫 自決。 三島由紀夫 自決の真実と自決の場所

事前に三島の連絡を受け、当日朝、11時に市ヶ谷会館に来るように指定されていた記者・とNHK記者・は、楯の会会員・田中健一を介して三島の手紙と檄文、5人の写真などが入った封書を渡されていた。

には親族のほか、、伊沢甲子麿、、松浦竹夫、、、、、、などが弔問に訪れた。

同時に、二六時中自衛隊の運命のみを憂へ、その未来のみを馳せ、その打開のみに心を砕く、自衛隊について「知りすぎた」男になつてしまつた自分自身の、ほとんど狂熱的心情を自らあはれみもするのである。

は、三島の死を短絡的に異常者扱いする風潮を批判し、「ただ劣等感の裏返しぐらいのことで片づけてしまえる粗雑な神経と浅薄な思考が、こうも幅を利かす時代なのか」と嘆いた。

このことにつき平岡瑤子は、同年末に行われたとによるインタビューで、「フォト・ジャーナリズムのこのたびの行為は、(の)です。

まだ一度も面識のない三島に、澁澤が手紙で序文を依頼すると、三島は快諾した。

8月に長編『』の取材のためにのを訪れ、その足でのなどを見学。

24
(平成11年)11月下旬と(平成12年)1月4日、三島が楯の会会員一同に宛てた遺書が新聞各紙に公開された。 二十五年前に私が憎んだものは、多少形を変へはしたが、今もあひかはらずしぶとく生き永らへてゐる。 三島の畢生の大作『』これと同名の月の海は、その名の華麗さに似ず、死の海であり、廃墟の世界である。 1970年(昭和45年)11月25日の午前10時58分頃、(45歳)はのメンバー(25歳)、(22歳)、(22歳)、(23歳)の4名と共に、1番地(現・市谷本村町5-1)の正門(四谷門)を通過し、二階の総監室正面玄関に到着。 東京都出身。 持丸は、会の事務を手伝っていたと婚約していた。
11