羅生門 テスト 対策。 『羅生門』テスト問題〈第四段落〉

そんな羅生門が舞台の物語です。 作者はさっき、「下人が雨やみを待っていた。 …続きを読む Q「ざあっという音を集めて」降る「雨」や、[重たく薄暗い雲」は、 下人の心理を考えるうえでどういう効果をあげているか A途方に暮れている様子をよりいっそう強調している Q「この局所へ逢着した」とはどういうことか A下人はそれまでどうしようもないことをどうにかしようと考えていたが、手段を選んでいる暇などないので手段を選ばないないという選択肢も考え始めようとしたということ。 盗みを働く老婆、そしてあらゆる悪に対して激しい憎悪を抱く下人。 この人物の「心情の変化」は、問題にし易いですネ。 とうとうしまいには、引き取り手のない死人を、この門へ持ってきて、捨てていくという習慣さえできた。 その他については下記の関連記事をご覧下さい。
そうして、またさっきこの門の上へ上がって、この老婆を捕らえたときの勇気とは、全然、反対な方向に動こうとする勇気である。 」 という形になるはずです。 問三 老婆が使った論理をそのまま自分に当てはめ、老婆に対する盗みもしかたがなくすることだと肯定する気持ち。 ところがその主人からは、四、五日前に暇を出された。 そのうえ、今日の空模様も少なからず、この平安朝の下人のSentimentalismeに影響した。
54