渡瀬 恒彦 十津川 警部。 渡瀬恒彦の十津川警部シリーズの登場人物

渡さんとは11年のTBSの年末スペシャルドラマ「帰郷」で40年ぶりに兄弟共演して話題になった。

- ベストブレーン(アーカイブ)• 十津川が手紙のことを話すと、深雪は自分が出したものではないと意外そうな表情を見せる 原口夕子(たてやま温泉「夕日海岸 昇鶴」女将・十津川の初恋の人) - (若き日: )• 他にも記者会見での発表や、県警に対する捜査の了解なども彼の仕事である
島田功治 演 - (第42作 - 第46作・第48作 - 第50作) 警視庁捜査一課刑事 TBSはシリーズ衣替えの理由として、2016年4月から時間枠名が「」に変更されたことに伴うものと説明している
発売日/2015年3月18日(水) 第42弾「豪華特急トワイライト殺人事件」(1995年)を収録 からはテレビ朝日・制作で、現在も放送が続いており、現在で72作に達する、2時間サスペンス史上最長寿のシリーズになっている(毎年1〜2作品のペース)
太田勝弘(出雲北警察署 刑事) - 赤塚真人• 須藤(米子中央警察署 警部) -• 清水(パイロット) -• 酒井久仁(酒井久仁法律事務所 弁護士) - 脚注 [ ]• 職業は 田辺信之(寝台特急「トワイライトエクスプレス」車掌) - 城後光義• HD編集 - 安原孝(ヨコシネD. 発売日/2015年5月13日(水) 第46弾「江ノ電に消えた女〜十津川警部への挑戦状〜」(2012年)を収録
同じ原作シリーズのドラマ化としては、系「」で、に開始された『』シリーズがあり、同シリーズが順調に新作を放映する一方、他局2時間ドラマ枠で『十津川警部シリーズ』がドラマ化・シリーズ化されても、放送枠自体が長続きせずに消えてしまう例が続いていたが 、この渡瀬主演版は原作の設定年齢に比較的近い配役だったことなどから好評を博し、「トラベルミステリー」シリーズに匹敵する第2の長期シリーズとして定着した 木元あやか(1年前の被害者) -• なお、渡瀬はシリーズ最終作が放送された2015年以降癌が発覚し闘病を続けていたが、一部スタッフを除き周囲には明らかにしていなかった(その後2017年3月に死去)
畑宏子(山下家の家政婦) -• 十津川のことは「たとえ秘密を知ったとしてもそれを口外しない人間」として見て信頼しており極秘任務を命じたことがある - 鈴木聖奈 オフィシャルサイト• 中畑清(寝台特急「トワイライトエクスプレス」乗客) - (本人役)• 制作進行 - 小川賢治(第5作)、河合伴明(第10作)、片平大輔(第19作)• 発売日/2014年1月8日(水) 第11弾「丹後殺人迷路」(1997年)を収録
鑑識 -• 真田久仁子(寝台急行「銀河」乗客・サニーデパート 社員) -• 被害者と関係があると思われた男たちが、次々と殺される… 広池久里子(寝台特急「トワイライトエクスプレス」乗客・竹内のツレ) -• 白石家の家政婦 -• T大卒業の
西麻布ワインバー「港や」店長 -• 小野歩美(弘の母) - 大田沙也加• 五十嵐実(電機メーカー「イガラシゼネラルエレクトロテクニクス」社長) -• 長谷部(光稜大学附属病院 教授) - 坂口進也• 鬼島専太郎(民自党幹事長・元警視総監・警察族のトップ) - 第28作「陸中海岸殺意の旅」(2003年)• 石倉大介(石倉と亜矢子の息子) -• 遠藤美津子(祐一郎の妻) - 水野あや• 】 十津川省三の妻 旅館「孔雀荘」従業員 -• - 深澤恒太 officialsite• 高木亜木子(高木亜木子法律事務所 弁護士・日光市立竜頭高等学校 卒業生) -• また『新十津川警部シリーズ』に登場する原口夕子は、「病を患っていたため将来に絶望し、十津川に告白できなかった」という独自設定がある
- ネオ・エージェンシー• ガソリンスタンド店員 - 松江健• 後の『』や『』や『・水曜ミステリー9』も含む)で、小林稔侍演じる亀井刑事主演の「日本一周『旅号』殺人事件」が放映される 演 - (第42作 - 第54作) 警視庁捜査一課の刑事
33
ただ肝心の最後尾の展望室の場面は実際に走行中の展望室を使ったものではなく車窓からの景色の合成が不自然で部屋自体がセットの可能性もありやや惜しまれる 田代さゆり(ジュエリーシャンテダンジュ 店員) -• 白石透(パチンコ店店員・「北新宿サンハイツ」304号室の入居者) -• この回では、渡瀬との元夫婦共演が実現
主に殺人事件の背景に暴力団や宗教団体など組織犯罪の影がある時に登場する 発売日/2014年11月12日(水) 第33弾「伊勢志摩殺人迷路〜円空の謎〜」(2010年)を収録
全54回 笠原文彦(金融会社「トライアンフ ファイナンス」代表取締役社長) - 萩原流行 第30作「パリ〜東京殺人ルート」(2003年)• - enchante• 旧姓は水島
小野(京都府警 刑事) -• 橋野要(デジタルトレジャー 社長) -• 選曲 - 佐古伸一(第3作、第4作)、片野正美(メディアハウス)(第13作、第14作、第21作、第22作)• 警視庁捜査一課 十津川班 [ ] 演 - 警視庁捜査一課係長 階級は警部補
宮川三郎(無職・宝石強盗) -• 年齢は35歳 原作に登場した「亀井の姪」は「西本の従妹」となっている
発売日/2015年5月27日(水) 第47弾「 特急「しらさぎ」殺人迷路〜越前竹人形の謎〜 」(2013年)を収録 また、テニス部に所属したり、演劇サークルに大道具係として参加したこともある
空印寺 和尚 -• 室井(島根県津和野警察署 刑事) -• 射撃が得意であり、射撃訓練では高得点を取っている 加奈子(クラブ「華薗」ホステス) -• もう一人の主人公として仇討ちのため単独捜査をしたり、行き詰まると日下の助力を得て捜査を続けた
木下悟(京阪交通社営業部 係長) - 第7作「豪華特急トワイライト殺人事件」(1995年)• 階級は警視監 - テアトルアカデミー(アーカイブ)• 助監督 - 萩谷泰夫(第1作)、田胡直道(第2作)、山内崇信(第3作、第4作)、藤尾隆(第5作、第6作、第14作)、(第7作、第8作)、舘野和彦(第9作、第12作)、藤嘉行(第10作)、池沢辰也(第11作)、池澤辰也(第14作)、大久保智巳(第13作)、木戸田康秀(第17作、第19作)、谷口和彦(第18作)、浅野敦也(第18作)、山後勝英(第18作)、竹内正樹(第19作)、村上牧人(第19作)、鎌田敏明(第20作)、杉山整(第21作、第22作)、早坂泰彦(第22作)、眞砂野浩 第23作、第26作、第28作、第30作、第31作• 年齢は27歳
アイエムプロモーション 社長 -• 自分の推理を口にする時は自信満々に披露するが、大抵は的外れなので十津川に指摘されると機嫌を悪くする - アンセム• 竹宮吾郎(能演者) -• 北村可奈子(「鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ」のボランティア・の同僚・偽名「白井香織」) - 床嶋佳子• 25歳の時に脇坂和男と結婚したが、約1年で離婚
水島 演 - (第26作) 水島徹の妻 十津川が潜入捜査をすることになった時は、彼の身を案じるよりも捜査が上手くいくかどうかの方を気にかけていた(この時、十津川の方は「刑事部長として当然の心配だ」と気にしていなかった)
59