グーグル スライド。 PowerPoint(パワーポイント)からGoogle スライドに移行するべき理由とは?|ferret

PowerPointにも「共有」タブが用意されており、複数メンバーで同じスライドを編集することができますが、共有相手にメールやリンクを送る際の手続きが少々煩雑です スマホ画面は以下
数式を 標準キーボードで手入力するだけです After:固有名詞と画像が同じ情報で括られているので、わかりやすくなりました
スライドをダウンロードする Googleスライドで作ったプレゼンテーションをダウンロードし、オフラインで使用することもできます 上の画像のように、内容を変更すると、都度ドライブに保存されます
・スライドにアニメーションの追加 次に、操作方法の詳細を解説します ネット会議に対応できる学生にはリアルタイムで授業を行うとしても、対応できない学生には別の方法を用意しなくてはなりません
下記は、Googleスライドで使用できるフォントの例です 詳細メニューがあられますので「段落ごと」にチェックを入れます
変換中は小窓が開き、進捗がわかります (ただし後ほど解説するように、Googleスライドもオフラインで仕様することが可能です
43

上記のように、発表者のみがスピーカーノートを見る画面共有の方法はパワーポイントでも可能ですが、デュアルモニターと発表者ツールを使う必要があります。

イラストを使えば、イラストだけで内容を確認することができるし、文字を際立たせることができます。

pptなど でダウンロードが可能。

Google ドキュメントで数式画像を作成し、スライドに挿入する方法6 数式画像を貼り付けることが出来ました。

ただし、機能を最小限に押さえているため、表現の自由度はパワーポイントにやや劣ります。

以上の操作を、音声を貼り付けるスライドの各ページに対して行います。

・図形(円・四角などの図形、矢印、吹き出しなど)• Googleスライドと、同じくGoogleが提供しているビデオ会議サービスGoogle Meetと連携させることで、よりスムーズなプレゼンテーションをすることができます ・Googleスライドは対応するフォントが合計19種類(パワーポイントは60種類以上) ・Googleスライドで使える和文フォントは「メイリオ」「MS Pゴシック」「MS P明朝」の3種類(パワーポイントは数十種類) ・パワーポイントと比べるとGoogleスライドは使用できるアニメーションが少ない 機能面と操作面のメリット・デメリットを考慮して、用途に適したサービスを使用しましょう
両者の違いを簡単にまとめると、次の通りです 数式を記述した画像を貼り付ける お手持ちの 数式画像をスライドに貼り付けるだけです
「スライドをインポート」の場合、上記画面の「アップロード」タブを選択し、パワーポイントファイルをドラッグアンドドロップしてください Googleスライドはインターネットファイルである Googleスライドは インターネットファイルであり、 ローカルのドライブフォルダのアイコンは単なるショートカットなので、一度、ファイルを移動させてしまったりで同期を外したりすると復旧(再同期)の際に問題が生じてしまいます
わかりやすい情報を提示できる、それがふきだしです Is there anything else I can help you with? 6つの活用方法を紹介していくので、ぜひ参考にしてください
簡単に確認ができるので便利です ・Times New Roman• Googleスライドとパワーポイントの違い ここでは、Googleスライドとパワーポイントの違いについて解説します
スライドのタイトルを変更する ファイル名は、デフォルトでは「無題のプレゼンテーション」となっています ブラウザ(Google Chromeを推奨)の別のタブでGoogle Meetを開きます
パワーポイントにも搭載されている下記の機能が、Googleスライドにもあります インターフェイスに違いがほぼない Google スライドとPowerPointの画面を比較してみると、操作性やインターフェースにほとんど違いはありません
PowerPointを使ったことがあれば同じ感覚でスムーズに操作できます ・Arial• 赤い矢印部に、音声付きGoogleスライドへのURLを貼り付けました
54