承諾 解剖 費用。 行政解剖には遺族の承諾が必要?不審死の場合は司法解剖が行われます

安いです ね。 遺族が払うことはありません。 容疑者の姉が逮捕された翌日の新聞には、次のように記されていました。 ただし献体は「無条件」「無報酬」が原則です。 田舎はほとんど 予算を用意してなくて、すごく嫌がります。 で、解剖の有無にかかわらず、死亡診断書 死体検案書 の発行手数 料や遺体の搬送料は遺族の負担です。 ですから献体された遺体は、医学を学ぶ学生のために使われます。 警察の都合で解剖するのだから警察が費用負担だと思ったら違うんです。 古くは純粋に 人体の未知を明らかにするのが目的でしたが、医学および解剖学の進歩した今日では、もっぱら 教育の一環として行われています。
47
死因に納得できない場合は、泣き寝入りせず、早めに解剖など必要な検査をしてほしいと、自らアクションを起こすことが大切ですね。 【関連記事】. ハッキリと言っておきますが、献体をしたからと言ってお葬式をしなくても良いということはありません。 監察医のいない地域では「行政解剖」のことを「 承諾解剖」と呼び、遺族の承諾が必要となります。 もしもの時は、お気軽にご相談ください。 監察医制度 死体解剖保存法第8条第1項に、政令で定める地を管轄する都道府県知事は、その地域内における伝染病、中毒又は災害により死亡した疑のある死体その他死因の明らかでない死体について、その死因を明らかにするため監察医を置き、これに検案をさせ、又は検案によつても死因の判明しない場合には解剖させることができる。