宝塚 人事 部。 宝塚人事|今後の各組の体制を想像する【宝塚歌劇】|恋スル宝塚

これは宝塚歌劇団がの直営である関係上、歌劇団員は同社の社員としての身分をも有するためである 8月21日 - 東京宝塚劇場での星組公演『眩耀の谷 舞い降りた新星』『Ray 星の光線』を再開
マイアイドル」があった 団員が在団中に外部の舞台・テレビなどに出演することは少ない
1914年(大正3年)4月1日から5月31日まで宝塚新温泉で初演した (1995年・2002年・2008年)• 本公演のオーケストラが生演奏から録音演奏となる
各組の生徒が全員出演し、専科生が数名特別出演することが多い 座席の販売を1席おきにするなど、観客同士の距離を保つための対策も行われる
が帰国後、1930年に制作したのが『パリ・ゼット』である 100周年以降の黄金期 [ ] 2014年に創立の初公演から100周年を迎えた
55

4月1日 - 創立(初公演)から100周年を迎える。

1921年(大正10年)に公演が増加してとに分割される。

トップの退団は、退団公演の集合日前に発表され、後日に記者会見が開かれる。

5月 - 東京で初めての公演をで催す。

1978年4月1日 - 宝塚バウホールが開場。

『モン・パリ 〜吾が巴里よ! 1923年(大正12年)1月22日に、パラダイス劇場・公会堂劇場を焼失する。

41