脊柱 管 狭窄 症 手術 リスク。 腰部脊柱管狭窄症手術のメリット・デメリット(リスク)

具体的な期間や行ってはいけない作業内容については医師と必ず確認してください。

図19.a. また、記事3でお話ししたように、低侵襲手術であれば、傷が小さいために手術による痛みを感じることも少ないです。

腰椎変性すべり症とは 椎間板の退行変性によるものです。

・記事の内容は安全性に配慮して紹介していますが、万が一体調が悪化する場合はすぐに中止して専門医にご相談ください。

退院後、リードと刺激装置が安定してきたら、体外式神経刺激装置を患者様自身でコントロールすることができます。

92

これらの「圧迫している」「骨」や「靭帯」は軟らかい繊細なものではなく、硬いしっかりと丈夫なものです。

不安定性が高度の場合は、椎体間固定術が行われます。

どちらの方法であっても、内視鏡を用いたり、顕微鏡を使用したりして、患者さんにとって負担の少ない低侵襲な手術を行う場合があります。

手術をする前にどのような合併症が発生してしまう可能性があるのかは説明されるでしょうが、聞き逃さないようにしてください。

副作用として、 腎機能の低下が挙げられます。

現在の画像所見(神経圧迫の程度、複数個所の圧迫があるなど) 病気の期間が長くて手術前の神経症状が重いほど、また画像所見で神経の圧迫が高度であり複数個所で神経が圧迫されている場合には、手術後の神経症状の回復には限界があると考えたほうがいいでしょう。

内視鏡手術ほど認知度は高くないかも知れませんが、有効な治療実績を上げている手術方法です。