稲富 菜穂 インスタ。 早くも「クラブハウス疲れ」蔓延!マウンティング、同僚バレ…話題のSNSで起きていること(高橋 暁子)

クラブハウス…、もう疲れた… 「Clubhouseはもう疲れた。

そこでは早朝から深夜まで、さまざまな議題を掲げ、熱いトークセッションが繰り広げられている。

32
これがアメリカの一般人にクラブハウスが知れわたった瞬間だった。 ミシェル・オバマやビル・ゲイツなどのセレブが参入 ある部屋ではネットフリックスの創始者などを囲んで、ビジネスアイデアのプレゼンが行われている。 ルームに参加すれば話を聞くことができる。 日本では芸能人のクラブハウス離れが話題になったが、アメリカではすでに主要SNSの一角になりつつあるという。 議題の偏りにおいては、スピーカーに40~50代が多いのも関係しているようにも思う。 ただ、バーテンダー時代は 店長やお客さんたちと 競馬の話で盛り上がり、 競馬の話をしてお金がもらえるなんて 夢のようなバイトだと 思っていたそうですが、 ラウンジでホステスとして働いてみると 競馬好きのお客さんが来たときは 重宝されたそうですが、 完膚なきまでに 売れないホステスだったそうです。
23