エヴァンゲリオン アダムス。 旧劇場版の量産機が新劇場版のアダムスであった場合、Mark.06...

容姿はシンジやアスカ、マリと同様、14年前のまま(生まれつきか『エヴァの呪縛』によるものかは不明)となっている。

つまり、アダムスもこの2種類が存在していると考えると説明が付きやすい。

仮設5号機 出典: パイロット:真希波・マリ・イラストリアス このEVAの正式名称は「封印監視特化型限定兵器 人造人間エヴァンゲリオン 局地仕様仮説5号機」 名前めっちゃ長いですね、、 このEVAは封印されている第3使徒を非常事態時に殲滅するために製造された、いわば監視役のEVAです。 装備できる武器もかなり偏っており、上級者向けの構成となっています。 アダムもリリスも結局は「人類が地球を支配するのがふさわしい」と認めるんです。 たとえば首の細さはシンジ、赤い眼はレイ、口の不敵な感じはアスカが元になっている。 本人、新劇場版でも、第一の使徒と自らを言ってますので、カヲルがアダムスの魂だったと考えてよいと思います。 コード777(トリプルセブン)」という詠唱により、この姿に変化しました。 ロンギヌスの槍は、白き月の槍でした。 すると、マリがアダムスに乗っていることになります。 エヴァ第13号機は神と同じ姿らしい。 そして終盤ではその加持リョウジが、カヲルのことを司令と呼ぶシーンが突如登場します。
21
それに関しては、情報がないため、わかりません。 06が使いました。 マリいはく『アダムスの生き残り』 エヴァンゲリオン13号機に対して、マリは『 アダムスの生き残り』と表現しています。 マリいはく『アダムスの器』アヤナミレイ(黒波)の機体 劇場版Qでは、Mark9に対して、以下の発言。 なので、神話の観点から、アダムが複数であっても、特に違和感はないといえばないです。 ネルフが新造した黒き月の槍は、フォースインパクト用に新造された というのが、この記事のまとめです。 世界の修復どころか新たな破壊を誘発したこと、さらにエヴァの覚醒に伴うDSSチョーカーの作動によってカヲルが死んでしまうということに愕然として涙するシンジを慰め、第13号機のコアに2本の槍を突き刺した。 裏宇宙に取り残されたシンジを迎えに行く役目を担ったのがマリであり、マリが駆けつけたことをきっかけに、シンジ自身が解き放たれていくことになります。 例えば、両親は「PARENTS」という複数形で「ペアレンツ」と発音されるが、「両親のもの」を指す所有格は「PARENTS'」と表し、「ペアレンツ」と発音される。 最初はリリスは地球とは縁もゆかりもない、他の星で生活していた知的生命体だったのです。
79

それが父さんの神殺し」と言う。

ゴルゴダオブジェクトは十字架の形をしていたのは 生命の樹と混合されている十字架と ゴルゴダ星のウルトラマンたちの十字架がモデルと 考えられます。

「シン」ではゲンドウのセリフから、 「アダムスの6本の槍」があることが明かされました。

新劇場版では、そうしたシーンは描かれておらず、渚カヲルが月の棺桶から登場するという、どう解釈したらよいものか、そういう印象的なシーンが見せたかっただけ、という話もありました。

44Bが電力を供給し4444Cが陽電子砲を打ち込むというかつてのヤシマ作戦のような攻撃を仕掛けてきます。