ゴルフ ダウン スイング 右 肘。 ダウンスイングで右肘を体から離さない使い方を覚える方法

右ひじの脱力と左リードで、スイングしている本人は自然落下というか真下に落ちる感覚があるけれども、実際はやや斜め(ほぼ真下)に降りてくるのではないでしょうか。
1 正しいアドレス こうした右ヒジの曲げ伸ばしをマスターすれば、ダウンスイングでクラブヘッドがインサイドから最短距離で振り下ろせるようになります
しかしタメを作ろうとしてトップでできた右肘の角度をずっと保ったままにしておくと逆に振り遅れてヘッドが走らなくなるばかりか軌道がズレて方向性も安定しません また、トップオブスイングに向かっていくシャフトを押し返す意識を持つことで、下半身と上半身の時間差が生まれ、またシャフトをしならせながらダウンスイングに入ることができます
右肘は体から離さない ダウスイングで右ひじを体から離さないように意識している人もいますが、個人的には右ひじを体から離さない意識より、右わきを閉めたままスイングするという意識を持つ方をお勧めします 体の前に肘が入ることで、ダウンスイング~インパクト~フォロースルーにかけて腕を振り抜くスペースが生まれます
ゴルフ肘で右肘が痛くなってしまう方に共通するコッキングのやり方として、右前腕を回外させながらテイクバックに持っていくことである 腰の位置ででインパクトの形を作っておく そしてもう一つ大事なのはクラブを腰の位置まで下ろしてきた時にインパクトの形を作っておく事です
縦振りを行うことによってタメが生まれると思っている場合 タメを作るために手首のコックを維持してグリップエンドを地面に垂直に突き刺すイメージを持って切り返している人は多いです しかし、過度に右肘に意識を向けてしまうと、右肩が下がりダフリなどのミスに繋がるので注意してください
左足の土踏まずの内側に押し込まれる 右腕を伸ばそうとすると、コックがほどけてしまいそうになるので、そこは我慢して維持しましょう
これで頭が動かなくなり右ひじを落とす方向も出ると思います このとき右手や右前腕から動き出していると、スイングプレーンが崩れ精度の低いショットになります
ゴルフスイングはバッティングではなく、どちらかというと 野球のスローイングに似ています 左足の土踏まずの内側に押し込まれる
柔らかく固定して下さい、力は必要ありません その状態でインパクトのミート率を上げるためには、崩れたスイングプレーンを元の正しい軌道に修正する必要があるので、高度の技術を必要とするし、無駄な動作です
体重が右に残る バックスイングで右に移動した体重をダウンスイングで左に移すことが出来ないと、ヘッドの落ちる位置が自動的に右側になるのでダフリます 2右脇が開いてしまう 右脇が開いていると、ダウンスイング時に、右腕が伸びるタイミングが早くなってしまうので、振り遅れやアーリーリリースになります
64

この体と手元が遠くなる感じが大事なんです。

右肘の正しい使い方 まずは大事な右肘から説明します。

それでは、どちらが体力を必要とするでしょうか? おわかりですよね。

結果で判断しないで過程で判断し 修正しましょう。

スイングを『押す』と『引く』に分解した時に注意したいポイントは、上半身の効き腕側の力で『押す』動作は極力避けることです。

ゴルフスイングはバッティングではなく、どちらかというと 野球のスローイングに似ています。

手首(コック)の解けと、体重が右に残ることの2種類です。

縦に腕を動かせばいいものだと思っている場合、あなたも 単なるキャスティングになっていないかをご確認ください。

39

さらに詳しく動きを紐解いていくと、ダウンスイングでこの右肘の動きと同調して、ベルトのバックルが左股関節に押し込まれます。

まず右肘が先行して動き出します。

ダウンスイングで右手のヒラが真上(空)を向いて肘の上にお盆を乗せられているような感覚で右肘というのは絞り込まれてきます。

アドレス時の右腕はゆとりのある状態で、 右肘は下(もしくは右下)を向いている状態を意識しましょう。

アドレス時から右肩が突っ込んでいる状態だからです。

これ、実際は 体が回っているので横に振っているように見えるんでね。

また、右腕で押し込むスイングをしてしまうと、しなりのある鋭いスイングができません。

腰はベルト方向に回転していく意識を保ちながら、肩は右肩を下げるように地面に垂直に回転していくイメージが必要です。

ここで、注意したいことですが、よく体がスエーしている人は腰が左サイドへ極端に移動してしまい左足の土踏まずの内側で回転できません。

27