自然 の かくし 絵。 3年生 国語 説明文 自然のかくし絵

繰り返し出てくる言葉や題名につながりがあると思う言葉がどちらにも入っていてどちらがよいのか子どもたちは考え込んだ。 」という問いかけ文と枝にとまったナナフシの写真で教材「 自然のかくし絵」(東書3上)の扉が開く。 絵の中にその絵とは無関係なイメージをはめ込むことで、一つの絵は二重三重 に違った情景となり、見る人を不思議な感覚に誘うもので、古今東西の多くの 画家が試みています。 本教材を「だん落の内ようをとらえる」力を育てることと位置づけて指導をするとどのような授業が展開できるかとうことを考え実践した。 」意見がAとBの2つに割れた。
18
そうすることで、目的に応じた大事な言葉や文に着目し、段落ごとに内容を捉えて読むことができます (4)考察 AとBは、特殊と一般の関係である
アイデア1 わくわくを生む言語活動の設定. 」という呼びかけに子どもたちは出会う A 秋になって、エノキの葉が黄色くなるにつれて、ゴマダラチョウのよう虫も、だんだん黄色にかわっていきます
(3)実践 発問、「繰り返し出てくる言葉や題名につながりがあると思う言葉に気をつけた『書かれていること』は、何でしょう この教材文は、昆虫の身の隠し方を3つの例を中心に説明しているという特徴があります
指導計画の意図は、子どもたちが段落ごとに内容をとらえる力を育てることである また、説明する際に、どのような説明のしかたが分かりやすいかということも考えることができます
B まわりの色が変化するにつれて、体の色がかわっていくこん虫もいます (2)単元指導計画 単元計画を次の4段階で考えた
N児は、それを見事に見抜いて発言した
46
そこへN児が挙手をした。 これらの作品は単なる遊びととられがちですが,絵画の平面性を問題とする 近代から現代に至る絵画の流れをを先取りする試みであると同時に、人間がも のを見ること、認識することを科学として扱う、大脳生理学や心理学の分野に もかかわる事柄を含んでいるように思えます。 子供たちがどのように紹介したらよいかを考える際、それぞれの例の述べ方を比較して読み取っていきます。 N児 Aだとゴマダラチョウの幼虫だけになってしまうけど、Bだとほかのこん虫もいるからBがいいと思います。 生き物の身の隠し方を読み取るために、大事な語や文に着目し、段落ごとの要点を捉え、読みを深めていく学習になるようにします。 こういった難しい問題はさておき、私がこの手法を試みたのは、純粋に絵と して鑑賞し、なお且つ別のお楽しみも付いている、グリコのように一粒で二度 楽しめる絵画を作ってみたかったからです。 かくし絵 かくし絵は、人間の視覚認識作用をうまく利用したトリック絵画の一種です。
89