腰 振り ダンス の コツ。 ダンスの振り付けの覚え方のコツ

ダンスレッスンで振り付けについていけない。

すると上半身は傾くはずです。

Tairiとは、大きく強く動かすことを言い。

まず前に4歩進み、後ろに4歩戻ります。

これは、ポーズを決める際にも同じことが言えます。

つま先立ちに一瞬なる形なので、少しバランス感覚も必要ですが、これが出来るとアクセントとして踊りに生かせるようになります。

なぜなら、アミは相手のことを思う気持ちを表現する時によく使うフットステップだからです。

2009• 両足のつま先に重心があるのを感じながら、右足のつま先に重心を移動する。

腰が出来れば引き続き、・の練習を頑張ろう。

常に中腰でいるのは大変ですが、全身の神経を集中して、真っ直ぐに立つことを意識してやっていきましょう。

私は、子ども向けのショーで動きの速い振り付けのダンスを踊ったことがあるのですが、会場が驚くほど静かになるという悲しい経験があります…。

先生がいなくなった時に焦ってとっさに他の人を見ながら踊るから、頭でインプットしたものと違うと脳が判断してしまい踊れなくなってしまうのです。

ちなみにタイリタマウはこの基本姿勢から両手を腰に置き、膝を軽く曲げて腰を振ります。

26