ある日お姫様になってしまった件について 68話。 【ある日、お姫様になってしまった件について】第80話のネタバレ感想と妄想

私のこと一切覚えてないってのに、 なんで私を呼ぶのよ・・パパ嫌い。

』 『いいえ、当然のことです。

4

アタナシアは、帰ったら何をしでかすかわからないので、ひきとめなければいけないと・・・。

) 『ありがとう。

アタナシア二人のやり取りを壁にもたれて茫然として聞いていました。

なぜアタナシアにここまで感情移入してしまうんだろう。

目を見開いて驚くアタナシア。

』 『姫様、お迎えのお時間です。

94

陛下との面会の時、勇気を出そう・・・意中を聞くだけだと思い、姫様にお会いしたくありませんか?と尋ねました。

』 青年の姿のルーカスが真剣な面持ちで部屋に入って来ます。

「申し上げにくいのですが・・・、陛下の臣下として、彼の体調を知りたいのです」 この男は何を言ってるんだ、狂ったか?と貴族一度は唖然とします。

沈黙を破り陛下が、今まで何をしていたと尋ねました。

陛下が苦しんでいます。

普通どんな協力な魔法使いであっても、予知夢は見れても自分の死後の世界を見ることはできないんだそう。

95