地方 公務員 法 第 16 条。 【判例】地方公務員法28条4項、16条2号は、憲法13条、14条1項に違反するか (平成元年1月17日最高裁)

)、第60条第3項の改正規定 (同項第2号の改正規定を除く。 武蔵野市長給水拒否事件 平成元年11月8日最高裁 事件番号 昭和60 あ 1265 最高裁判所の見解 上告趣意のうち、. )、第50条 (建設業法第25条の2第1項の改正規定に限る。 01 施行• )をいう。 )の事務が他の地方公共団体に承継された場合には、当該他の地方公共団体を当該元在職団体と、当該他の地方公共団体の執行機関の組織若しくは議会の事務局で当該元在職団体の執行機関の組織若しくは議会の事務局に相当するものの職員又はこれに類する者として当該他の地方公共団体の人事委員会規則で定めるものを当該元在職団体の執行機関の組織若しくは議会の事務局の職員又はこれに類する者として当該元在職団体の人事委員会規則で定めるものと、それぞれみなして、第38条の2から前条までの規定 (第38条の2第8項の規定に基づく条例が定められているときは当該条例の規定を含み、これらの規定に係る罰則を含む。 第6条 地方公共団体の長、議会の議長、選挙管理委員会、代表監査委員、教育委員会、人事委員会及び公平委員会並びに警視総監、道府県警察本部長、市町村の消防長 (特別区が連合して維持する消防の消防長を含む。 また、地公法二八条四項、一六条二号が 憲法一四条一項に違反するものでないことは 前記判示のとおりであるから、 所論のうち憲法一四条一項違反の主張は理由がない。 )並びに第173条並びに附則第16条、第17条、第20条、第21条及び第23条から第29条までの規定 公布の日から起算して6月を経過した日. )の教職員 (学校教育法第7条 (就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律第26条において準用する場合を含む。 以下この節、第60条及び第63条において同じ。 次項において 「要請に応じた退職前の在職期間」という。
89 65