勉強 集中。 勉強で集中力を持続させる工夫

89

ざっくり、朝起きてからの2時間と夜寝る前までの2時間勉強できる時間があるとして、家で勉強できる人は合計1日4時間もの時間を家で勉強できない人に比べて生み出すことができます。

(例)自分のリズムで本を読み進める。

夜はしっかり眠り、朝にきちんと起きることができないと体内時計が乱れがちになり、集中力が欠けたりダラダラしたりしてしまうので注意しましょう。

電波を遮断するので、「メール受信」などの通知がきません。

勉強に集中できないときの対処法~環境的アプローチ~ 集中できないときは、勉強部屋やデスクまわりの環境を整えることも大切。

時間帯に合わせてまとめてみました。

86