望月いそこtwitter。 望月衣塑子

その他の評価 [ ]• 望月衣塑子「安全保障技術研究推進制度と共同研究協定 特集 軍事研究と学術 」『』86第10号、岩波書店、2016年10月、 1037-1043頁、 、。

2021年2月2日閲覧。 社会部でやの幹部とやりとりをしてきたなかで、執拗に質問しないと、肝心なことを答えないことを、身に染みて知っています。 父親は業界紙の記者を務めていた。 2017年12月、における武器輸出の拡大や軍事研究費の増加について報じた「武器輸出及び大学における軍事研究に関する一連の報道」が「第23回平和・協同ジャーナリスト基金賞」の奨励賞に選ばれた。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ] 2017年8月11日閲覧。 評価 [ ] 肯定的な評価 [ ]• この抗議文書は東京新聞官邸キャップの了承のもとの常駐各社に配られたものだが、望月は「産経新聞になぜかリークとして記事が出た」と主張し、菅官房長官に「その結果、(望月に対する)ネット上の誹謗中傷や言論弾圧が行われている。 撤回して謝罪したい」と「産経新聞になぜかリーク~」発言の誤りを認め謝罪した。 平和・協同ジャーナリスト基金• 同年4月、に入社。 , 2018年3月9日閲覧。 2020年冬に望月めるが永眠しました。
55
正直なところ真実味がない話ではあるが、望月めるさんは自身の公式Twitterの更新を2020年12月5日を最後にやめており、公式インスタグラムも同時期から更新しなくなっているため、本当に亡くなった可能性があるのは確かだ。 2問だけ」と押し切り質問をした内容について、「思い切り強気で押し切った割には、望月記者の質問は拍子抜けの印象が残る。 この申し入れについて、や(JCJ)が「官邸の意に沿わない記者を排除する」「司会役が数秒おきに(質問を)妨げている」などして抗議声明を出し 、とが社説で「質問制限を求めるようなやり方は不当で、記者の排除、選別にもつながりかねない」「『事実誤認』と言うには、根拠が乏しい」などと批判した。 望月衣塑子; 『追及力』 光文社新書、2018年1月17日。 」と意義を説明している。 記者会見での記者の質問に官邸報道室が注意喚起をすることはあったが、文書で抗議するのは異例な事態であり 、は9月2日に「官邸報道室 東京新聞を注意 『不適切質問で国民に誤解』」という記事を掲載した。
79