化学式。 化学反応式のつくり方

特に 示性式では下に示すような基を表す略号が汎用される。

以後、化学式の形は変えないようにしましょう。

化学式が利用される場面としては、物質の属性情報としてそれに関連付けて利用される場合と、の一部として物質を表すために利用される場合とがある。

材料名以外にどれくらいの量が含まれているかも示されているのです。

合わせて読みたい 二糖類の化学式 二糖類は単糖の組み合わせなので、改めて構造式を覚える必要はありません。

右辺の が1個 多いので 左辺の を1個 増やす。

たとえば、ミョウバンの組成式はAlKH 24O 20S 2となるが、成分イオンなどを明示したKAl SO 4 2・12H 2Oの示性式で表せば、硫酸アルミニウムカリウム12水和物であることがわかる。

てな訳で、重要そうなところだけだし、今後もこの記事は徐々に更新していきます。

それと同じように、化学物質を元素記号で表し、構成元素の種類や数や数の比をあらわした式を「化学式」と言います。

47