ちびまる子ちゃん 嫌いなキャラ。 好きな「ちびまる子ちゃん」のキャラは?

部屋を散らかしたり、ぐうたらな態度をとるまる子に対して怒ることも多い。

他にも人気アイドルの「郷ミチル」にチョコを郵送しようとしたりもした。 本名は花輪和彦。 統計はないので、比率はわかりません。 そのため『ちびまる子ちゃん』でも登場機会は基本的に少ない。 1人で静岡市に寄席を見に行ったこともある。 学級委員を任されているだけあり、責任感と統率力を買われている(丸尾くんとは異なり、学級委員であることをひけらかす描写はない)。 第1期はゲストで、第2期からレギュラーで登場しているが、初期の頃と現在では容姿も性格も異なっている。
58
当初、声優は花輪役が丸尾役の飛田展男、丸尾役が花輪役の声優・菊池正美であった が、作者の意向で逆になった 自他共に認める上がり症の口下手で照れ屋なため、人前に出ることは苦手
中学校卒業後は、さくらと疎遠になっていたが、同自伝の出版の絡みで彼女と20年ぶりに連絡をとったという 学生時代の姿は、アニメでは三つ編みとなっている(後年の作者の自画像に近いスタイル)
アニメの放送分で、作画ミスによりこたけが2人映る事態が起こった しかし、が入っていないので、実際にはであることが多い(稀に友蔵以外の登場人物(主にまる子)が心の俳句を詠むことがあるが、この場合も季語が入っていないことがほとんど )
家族全員そっくりな顔で、みんな語尾に「ブー」を付けて話す その優しさ故、嫌なことでも頼まれると断れないことも多いが、しつこく写真を撮る父に厳しく接して怒鳴ったり、ひょんなことから1週間以内に「」を弾けるようにならなければならなかったまる子に厳しく指導したこともある
ちびまる子ちゃんごっこ(今思うとどういうごっこ遊びなのか見当もつかない)するときも必ず大野君役を希望してましたし、そしてクラスの中でも俺は「大野君」だと思っていました ももこと同じ中学校に通う
愛称は「まる子(まるこ)」「まるちゃん」(初期には「ちびまる」とも 趣味はで、料理が得意
ビッキー(ミス・ビクトリア) 花輪家で飼われている犬 本当に人類が消滅すると信じて自暴自棄になったり、借金が無くなると浪費を続けた人がいました
たまえの父がカメラ及び写真に心酔するきっかけとなった張本人であり、彼に会うたびに、記念の大切さについて意味深げに説いている なぜ公立の小学校にいるのか疑問に思われており、その事が掘り下げられることもない
10