コータロー まかりとおる。 【無料試し読みあり】新・コータローまかりとおる!

D地区で知り合った麻由美に想いを寄せているが、功太郎と麻由美の深い絆を誰よりも理解しているために、その想いを心の中に沈めている。

そして、功太郎はここからさらにパワーアップしていく。

そして関節の壊れる音と相手の悲鳴を聞くのが大好きな変態で竜野以上の危険人物。
被災猫応援の教科書」に寄稿された漫画「蛭田達也の猫三昧」によると2011年時点でミラニ以外は既に亡くなったとの事。 功太郎のリズム感を見抜き、ドラムを始めさせる。 響が彼を知ったのも海外版レコード店の貼った日本語表記ラベル(手書き)を読み違えたのがきっかけ。 姿を現した紅バラはコータローを麻由美の元に案内する。 蛇骨会は剛武流空手部を利用しコータローを潰しにかかり、その結果コータローは空手部道場で百人を相手に闘うことになります。 普段は猫を被っているが、見た目とは裏腹にかなり強い。 典善の退学後も変わらず典善を団長と呼び、自分は団長代行を務める。 鶴ヶ峰学園2年。 天光寺 輝彦 [ ] てんこうじ てるひこ 功太郎の良きライバルであり親友。
68
2回戦、呼び戻し(仏壇返し)で一本。 クララはコ一タローが起こすスカートめくりを大変気に入り、コータローの主宰する極端流空手部に入部することになります。 左目が義眼で眼帯をしているため、義眼はバネでびっくり箱のように飛び出す仕掛けになっている。 百人拳も100分身できるようになったし、バンド編ではリズムを取り入れた格闘技を身に着けたのである。 連載初期に功太郎に感電させられて以降、を握るなど電気を流すと頭が光る特殊体質となった。 公開当時は興味が無くスルーしていた本作品だが、観終わって「何故当時に観ていなかったのか〜」と反省する事しきり。 新堂空手道場の一人息子であり、自ら新しい流派「極端流」を立ち上げ、鶴ヶ峰学園で極端流空手部の主将を務める(ただし連載当初の部員は功太郎のみ)。 和装を愛しており、下着は常に。 極端流道場敷地の件で柔道部を訪れた際、裏金を使って醍醐を入部させたやり方(本人は伊賀のためだけを考えてしたことではあるが)から伊賀に絶交されて泣く美杉を庇って伊賀と試合をして負け、雪辱のために柔道を始める。 第2部だけでほぼ完結しており、以降のストーリーとの関連性は薄い。
27