蜂蜜 と 遠雷。 宇多丸、『蜜蜂と遠雷』を語る!【映画評書き起こし2019.10.11放送】

第33回 該当作品なし• ナサニエル・シルヴァーバーグ:アンジェイ・ヒラ• 圧倒的でした。 構成台本:モトイキシゲキ• 物語の中心となる4人の若きピアニストたちは、松岡茉優、松坂桃李、森崎ウィン、そして新人ながらもオーディションを勝ち抜いた新星・鈴鹿央士がを演じています。 彼ら以外にも数多の天才たちが繰り広げる競争という名の自らとの闘い。 映画化は難しいと思っていた、ということでしょうか。 もう全部が難しいと思っていました。 この映画は、天才同士の確執といった、ありきたりなルーティンから遠く離れて、クラシック音楽の深みと底知れない魅力を再発見させてくれる。 直木賞と本屋大賞のダブル受賞および同作家2度目の本屋大賞受賞は、史上初である。 現場では皆さんが温かく迎えてくださって、本当に居心地のいい空間だなと思いながら撮影していました。 第132回 『』• 107 第6巻より「ブルガリアのリズムによる6つの舞曲」 リスト、「」より第1曲「小鳥に説教するアッシジの聖フランチェスコ」 ショパン「」 栄伝亜夜 ラフマニノフ、「エチュード 音の絵 第5番」Op. 一生、心に残る小説だと思いました。 第108回 『佃島ふたり書房』• それが作品のコクのようなものになっているといいのですが……。
52 18