ブルボン 過剰 包装。 お菓子の個別包装廃止署名を巡る状況や東京都の「コロナ感染300件以上処理できない」報道の衝撃などから、この国に蔓延る「凡庸な悪」について、考えてみる。|Artanejp|note

この対応に対しネットからは、「これは神対応! 大きな騒動となっており、7月28日に亀田製菓、29日にブルボンに署名が提出された後、メーカー側がどう対応するのか注目が集まっていた お菓子によっては袋を開けると、また個別に包装がある
だが江崎グリコ(大阪市)や森永製菓(東京都港区)に取材すると、事実ではないデマが拡散していたことが分かった 包装の最小化として、使用するフィルムやトレーの厚みを薄くしプラスチック使用量を削減する取り組みでは、2019年(令和元年)11月にファミリーサイズ商品群の外装フィルムを約8%薄くし年間で約 27 トンのプラスチック削減を行ったほか、「ブランチュール」のプラスチックトレーにおきましても、何回もの薄肉化活動を行い現在では発売当初の厚みから35%以上の厚みを削減するとともに、上述の植物由来プラスチック25%配合を使用した改善を図っています
3万人にリツイートされた [元記事:東京新聞 TOKYO Web 2020年7月30日]. デンマークの成功事例を受け、スウェーデンでもそのような表示を始めたとのこと
画像掲載元:写真AC. 賞味期限が3年間と長く、真空調理で外からの影響を受けにくい缶詰は、作りたてより、むしろ製造してから半年以降の方が味が染みている 筆者は、農林水産省の日・ASEAN食産業人材育成官民共同プロジェクト寄付講座の講師として、東南アジア10か国の大学にも定期的に出向いている
がんで治療したりしてる人は食べなきゃいい あろうことか、日頃から「市民運動」に携わってると自称する人達「左派リベラル」を名乗ってる人たち中心になって
38