自費 出版 費用。 自費出版の費用相場・目安について|書籍の自費出版費用が格安 リーブル出版

63
タブレットやスマートフォンといった電子媒体で読書をする人が増えており、電子書籍の流通量も少しずつ伸びてきています 風詠社は、プロの書き手ではない一般の方々の価値ある作品と出会いたいと思います
表紙の内側に貼り合わせる方を「きき紙」、もう一方の貼っていない紙を「遊び紙」といいます 書店流通に対応した自費出版の場合、費用は四六判、200ページ、1000部までで132万円(税込)からとなります
【本(書籍)の種類】 当社は、「こんな本をつくりたい」を応援しています とはいえ、もちろん、よいものは残るし、口コミで広がる可能性はあります
各サイズは、「本の判型」の図版もご参照ください 完成・納本 完成したご本は、ご指定の場所にお届けいたします
もし宮澤賢治が書きためた原稿用紙を箪笥の中にしまって誰にも見せないでいたら、それはいつの間にか雲散霧消してしまい、 われわれはその存在すら知らなかったでしょう デザインが決まったら、印刷所に入稿いたします
中にはウェブサイト上の操作のみで簡易的な見積もりを算出できるところもありますから、それらを活用して大まかな費用を掴むといいでしょう ここで一つ注意点があります
フルカラー仕様も、電子書籍であればモノクロとほとんど変わらない料金で作成が可能です 著者によるワープロ・パソコンでの完全原稿(表紙/オビ/本文)を支給
【自費出版本のサイズ】 より良い本を作るために、本の大きさ(判型サイズ)は、とても重要です 四六判は、本屋さんの店頭に並んでいる単行本として普及しています
全国の書店や、 インターネット書店(amazon や楽天ブックスなど)でご注文・ご購入が可能です 自費出版に含まれるサービスの例としては、企画・編集提案、原稿整理、校正、タイトル・帯文の企画制作、カバーデザインの企画制作、印刷、製本、電子書籍化、書店流通などが挙げられます