テニス サーブ 練習。 テニスのサービスの基本を知って練習を

日本では、放送されるテニスの試合が少ないですが、インターネットの動画配信サービスを利用してテニスのライブ中継でプロのフォームを見てみましょう で、Mくんが 「テニスはサーブが入らないと 試合にならないから」とか言って いきなりスピンサーブを教えてるんですよ 笑 「さすがに初心者女子には無理なんじゃ…」 と思いつつ、 2人とも楽しそうだから とりあえずまぁいいかと 様子を見てたんです
日常生活で何かを投げる機会はとても少ないです なぜなら、ミスショットが多い時は正しいフォームが出来ていないだけであり、そこを修正することで、すぐに普段の調子を取り戻せるようになるからです
・リストを鋭く返しながら、しっかりと下まで振り込む スイングを緩めない この2つです
考え出すと動きがぎこちなくなってミスにつながるので、とにかく何も考えないでサクサクサーブを打っていきましょう 肩を温めるためだけにやるのもいい
速いスピードを出したいときはボールの真後ろと真横の中間をヒッティングポイントとして振るとスピードが出ます メリットは回転がかかっているのでサービスボックスに入りやすく、セカンドサーブにも使える点です スピンサーブマニアのMくんが 職場の後輩であるという テニス初心者の女の子Oちゃんを連れてきました
ショートラリーとボレー&ボレーが済んだら、ベースラインまで下がってストロークの練習をしていきます まとめ 家でのサーブ練習は、地道で面白くないかもしれませんが、自分のフォームを再確認する良いチャンスです
他のサーブと同じでラケット面とスイングの振り抜き角度を調整をする• 関節をまっすぐ伸ばしてトスを上げる(肘、手首を逃した状態)• 一回ミスしたら終わりなのでとても緊張感があります どれぐらい低いかというと、打点より少し高い程度です
指導方法を変えるだけで、うまくなることなんて日常茶飯事です ラケットスイングや体の向きも その意識に合わせて どうしても前を向きます
ボレーヤーは サービスラインから一歩前に入ったポジションでスタート(1stボレーを想定)し、 自分のショットや相手の体勢によってネット前に詰めるなどポジション細かく調整をしながら決めきることを考えてラリーします 初心者がテニスを学ぶのであれば、DVD『』やDVD『』がおすすめです
スイングスピードは回転量にも影響してきますから、鍛えるのはおすすめです また、下から擦り上げて打とうとする人もいますが、ボールに回転がついても威力がなくなります
71

「スピンかかってるかな? 思ったところにトスが上げられずに何度も上げ直しをしてしまう、トスで悩んでいるという人は多くいらっしゃいます。

「ネットを越さないといけない」 「前に打たないといけない」 という意識が働いてしまいます。

サービスを打つ人は 1stサーブと2ndサーブを想定してしっかりと打ち分けるようにしましょう。

僕はこの練習をやるとだいたい8〜10球目くらいで死にます(笑) 関連記事 サーブリターン 最後はあまり面白さ重視の練習ではありませんが、 最も実践的な練習であるサーブリターンです。

僕はサーブが苦手だった頃は相手に迷惑がかかるのが嫌で、あまりサーブリターンをやっていませんでしたが、試合に出ることを思えばもっとサーブリターンをやるべきでした。

82
これらを使い分けながら、試合を進めていきましょう。 壁打ちは 「壁に向かって打たなきゃ! テニスのショットの中で 最も練習できないのはサーブの練習です。 サーブを打っている時になんとなく振り切れなくなっていることはありませんか? 力が逃がせないということは、無意識に体のどこかにブレーキをかけているということです。 左手で身体の回転を抑える 質の高いスイングをするために、次のことを意識してみてください。 これはかなり異例だと周りにも言われるのですが、 僕は強くなるために、めっちゃ研究しました。 1人で黙々とテニスの練習が出来るので僕は好きです。 スマッシュは練習量が最も少なくなりがちなショットです。 タオルを使ったサーブ練習 家の中でラケットを振り回すのがなかなか難しければ、タオルを使ってサーブの練習をするのがおすすめです。 多くの選手たちは、トスを勝ち取ったら、サーブをする権利を選びます。
32