オリックス なん j。 オリックスの敗因

71

試合数25試合以上・完投数10試合以上・勝利数15勝以上・勝率6割以上・投球回数200イニング以上・奪三振150個以上・防御率2. しかも2007年にクライマックスシリーズが導入されて以来セ・パ12球団中唯一クライマックスシリーズ優勝経験、ファイナル セカンド ステージ進出経験がない。

ところが2016年3月、年末恒例となった戦力外選手のトライアウトに密着したドキュメント番組『プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男たち』(TBS系)を観たMLBの国内スカウト関係者がメジャーへ売り込み、何とアリゾナダイヤモンドバックスとのマイナー契約を結んで渡米することになったのである。

しかしオープン戦が始まると6勝11敗(12球団中 11位)・チーム打率. 』の主人公「柊まいん」を掛けたもの。

東北楽天ゴールデンイーグルスを抜くのが精一杯で またしても5位でシーズンを終えた。

六大学野球でも東京大学との対戦で同じ事が起きていると考えられる。

最後の日本シリーズ出場は巨人を4勝1敗で破った1996年 ちなみにこの時の球団名は オリックス・ブルーウェーブ で、現在のオリックスバファローズになってからは1度もない。

80
地雷の英訳 mine マイン と、NHK教育で放送されていた料理、食育番組『クッキンアイドル アイ! 結局オリックスには一度も行くことはなかった模様 DeNA球団職員に転職し、その波乱万丈な現役生活にピリオドを打った
ドラフトにはウェーバー制が採用されており、2巡目は同年のパ・リーグ最下位だったロッテから始まる順番だったため、4位だったオリックスより先に指名できた その直後(2018年6月)、横浜DeNAベイスターズが中後を獲得調査していることが判明
6月2日から森脇浩司監督が休養してテコ入れを図ったが前半戦を最下位で折り返す ところが前年に沢村賞など数々の投手タイトルを獲得した金子千尋、リリーフの主力である比嘉幹貴とが開幕に間に合わず、 開幕から4連敗
その後も期待された新戦力の中島とブランコも負傷であっさり離脱、が深刻な打撃不振に陥り佐藤も比嘉同様、酷使の影響からか不振で二軍に降格するなどの低空飛行で 5月31日には早くも自力優勝が消滅 16()の成績だった
同年7月4日、わずか 500万円でDeNAに加入 これによりは早々の辞任が決定したため、二軍監督の中嶋聡が一軍監督代行を務めることになった
翌2013年も日本ハム優勝と予想したが、流石に二匹目のドジョウはいなかった模様 セ・リーグ優勝と日本一を巨人と予想、
78