異臭 と 地震。 地質学者が懸念する「令和関東大震災」と日本沈没の可能性。首都直下地震は近いのか?(MAG2 NEWS)今年に入ってから関東地方の内陸と近海周辺…|dメニューニュース(NTTドコモ)

昭和三陸地震や関東大震災の時には、このハマグリのように貝類が浅いところに移動していたようだ したがって東北地方でマグニチュード8程度の余震が発生する可能性は現在でも大きく残っているのです
ゴムがなんか焼かれているような臭い 9の前年1922年1月から開始された定常地震観測によると、銚子沖の地震が関東地震の1-3月前に起こっており、台湾から琉球そして西南日本と関東域では今後の地震活動を注意深く見守るとともに、厳重な警戒が必要である
新妻氏は、上記のスラブの形状などから以下のような仮説を唱えている その中で用いた表と図は、気象庁の震度分布データベースに基づいて作成した、大正関東地震前の地震活動です」(新妻名誉教授) 下記は、気象庁のデータベースをもとに新妻氏が作成した、大正関東地震以前の相模トラフ域観測地震を示した図である
26年に内務省社会局が編纂(へんさん)した『大正震災志』所収の「大正十二年九月一日大震後相模灘水深変化調査図」には、三浦半島の「浦賀」付近、現在の横須賀市観音崎や鴨居地区周辺の沖合に《瓦斯(ガス)噴出》、南端の「三崎」付近、現在の城ヶ島東部の沖合にも《一時瓦斯噴出ス》と記述がある この時は三浦半島南部を中心に異臭があり、各地の消防局には合わせて300件以上の通報があったそうです
『関東大震災が起きる直前にも、三浦半島でへんな臭いがした』という記録が残っています どーも、マコちゃんのサードアイは、地震に目がいってしまう
原因は不明だが、過去の文献には大震災の際、ガスの発生を想起させる記述がある 三浦半島で今年3度目の「異臭」騒ぎ
そして、次なる災害についても「感じている」とか そして、謎のツイッターアカウントのれうういさんは、過去にこんなツイートを
64

波形にヒントがないか探します — Kuramayu Kuramayu1110 神奈川県の三浦半島の沿岸部で4日夜、「異臭がする」との110番や119番が相次いだ。

神奈川県では去年、異臭騒ぎが相次いで発生して調査を続けているが、原因は特定されていない。

それは異臭の発生日が「月齢」と同期しているということだ。

異臭と大地震を結びつける説な専門家によって様々な意見があるようなので、ハッキリとしたことは分かっていません。

そこには、三浦半島突端の城ケ島付近と東部の浦賀で海底からガスが噴出したと書かれていた。

内容は『安政見聞録』よりはるかに豊かで、江戸各地の被害状況はもとより、新吉原で穴蔵に避難した遊女が全員焼死した話や地震の前兆(鯰(なまず)の異変、磁石が磁気を失ったこと)など、災害時の心得や地震予知に関する貴重な情報が記載されています。

男鹿地震(1810年) 10日前から前震が頻発した他に,1ヶ月ほど前から,八郎潟の湖底に石油が滲出したらしく,湖水の色が赤や黒に変化し,魚が大量死したという記録があります。

なので、地震の前兆として磯臭さを人間が感じ取っても何ら不思議はありません。

250ガルですと、震度6弱に相当します。

海面が青白く見える現象です。