忌 々 しい 意味。 七七日忌の意味とは? 四十九日との違いは?

また、同じ言葉を「いまいましい」という読み方にすると「 腹立たしい、しゃくにさわる」という意味になります。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 「忌」の解説 忌 い むべき状態。 2020年8月6日閲覧。 :青畝忌:• 2月20日:多喜二忌:• :黒鳥忌:• 12月30日:ホシヅル忌:• 清浄の忌にせよ,穢れの忌にせよ,忌に服する者は普通の人としないというがあるため,別居別火の生活をすることがあった。 「禍々しい」は 「わざわいや不幸を引き起こしそうである」という良くない意味で使います。 「盗人」は「ぬすっと」とも読む。
ですので、6月19日を「忌日」というには語弊があるのですが、6月19日は奇しくも太宰 治の誕生日でもあったことから、この日を『桜桃忌』と呼び、太宰 治の記念日としたわけです。 『』 -• 忌はこのように、死者との関係によって自動的に入る状態をいい、その忌に対して慎みの気持ちを表す儀礼や方式を「喪 も 」という。 しかし、ホラー映画を見たり、恐ろしい内容の小説を読んだりして時に、恐怖心を感じたり、嫌な予感がすることがありませんか?このように心の底からゾクッとしたり、寒気を催すような時、不吉で不気味な状況を表す言葉として「禍々しい」を使うことがあります。 山崎ひさを「忌日 きじつ」『俳文学大辞典』・・監修、・・・・編者、、1995年10月27日、202頁。 または、個人的に。 「忌(いみ)」とは、死を畏(おそ)れ忌(い)み憚(はばか)るという意味で、死のけがれのある間は派手なことを控えて身を慎(つつし)み、その死を悼(いた)み、御霊(みたま)慰(なご)めのための避けられない期間のことで 「忌々しい」は現代語では主として「腹が立つ」とか「癪に障る」とかの意味で用いることが多いようです。