内房線運行状況。 内房線運行状況

2013年10月18日• 快速は、平日ダイヤでは朝に上り1本、夜に下り4本運転されており、すべて君津駅発着で運転されている。

「 つのぶえ」:への観光用列車。

JR東日本管内で30分以上の遅れが発生または見込まれる場合、「 遅延」と案内されます。

君津駅以南は単線で、朝夕は多少本数が増えるが、基本的に1時間に1本程度の運行となっている。

戦後優等列車の運行開始 [ ]• 季節列車の一部は新宿駅発着であった。

『JR特急10年の歩み』、1997年5月15日。

参考文献 [ ]• 電車はでをたたみ、の牽引によってまで運行された。

年表 [ ]• この時「内房」の読みも「うちぼう」へ改められる。

このほか臨時快速「さざなみ」(「かもめ」を再改称)や「 富津岬」(新宿駅 - 木更津駅間・) を運転。

35

この節はなが全く示されていないか、不十分です。

日本列島は、梅雨前線が本州の南岸に停滞し2021年7月2日 金 から7月3日 土 にかけて、東海・関東地方を中心に記録的な豪雨となっています。

(昭和26年)夏にも運転された。

外房線の利用者の方々からの情報 外房線を利用されている方々のツイートより情報収集しています。

E257系500番台 普通列車 [ ]• 平日の通勤快速(土休日は快速)は、以前は君津駅到着後、君津駅 - 千葉駅と千葉駅 - 木更津駅間を1往復して終点で夜間滞泊していたが2021年3月13日のダイヤ改正から千葉駅 - 木更津駅間の上り・下りの最終列車としてもう1往復運転されるようになった。

(昭和47年)• 以降、にも、館山市長などが同支社を再訪し、「内房線の利便性が低下した。

30