日産 フロンティア。 日産 フロンティアも日本上陸なるか!? トヨタと日産のピックアップ事情【車ニュース】

今回の生産開始に伴い、アルゼンチン日産は、タイ、中国、メキシコ、スペインに並ぶNP300フロンティアのグローバル生産拠点の一つとなり、アルゼンチンにおける主要自動車メーカーとしての地位を固める。
2WDモデルも含めた全車にヒルスタートアシストを標準装備するとともに、4WDモデルはヒルディセントコントロールも標準装備とし、急勾配の道路や山道を安全に走行できるよう支援する。 4代目 (2021年予定 -) [ ] 日産・フロンティア(4代目) 販売期間 2021年夏(予定) - 9速AT 全長 5,399-5,692mm 全幅 1,854mm 全高 1,821-1,839mm 2021年2月4日に4代目へのフルモデルチェンジを行い、北米で同年夏より販売を開始することが発表された。 CORR the Championship Off Road Racing ルーカスオイル・シリーズに参戦。 2002年• 同年、モデルとして登場。 まず印象的なのがヘッドライトで、水平を描く2本のラインがヘッドライトを際立たせています。 丸みを帯びた従来型のフロントフェイスを一新。 シンプルで直感的な操作が可能なようにレイアウトした。
3
その後、世界120カ国に投入開始。 10月 - 第7戦 トヨタ・ディーラーズ400 1-2フィニッシュ、クラスT優勝を飾る。 ちょうど自動車税が高くなる時期です。 7月 - 第4戦 サンシティ400 総合優勝、クラスF優勝および総合3位、クラスD2位を飾り、マニュファクチャラーズ・チーム賞も獲得。 9月 - 第12回「4x4 24時間atエッソンヌ」T1クラスに「ナバラ」が参戦するがリタイヤ。 クラスTドライバーズタイトル獲得。 しかし海外市場では、トヨタ同様、北米でフルサイズピックアップのタイタンや、ハイラックスと同クラスのフロンティアを販売していました。 また、4輪駆動モードを設定して低速走行した際には、周囲の障害物を確認することができるオフロードモニターが新たに搭載されました。 新型フロンティアのパワーユニットは、最大出力310PSを発生するV型6気筒 3. また静粛性向上のために、ウィンドウを遮音ガラスとした。
71
なお、「ナバラ」は、直列4気筒、ディーゼルターボエンジン搭載となる。 、それまでの地味な印象を払拭し、攻勢に転ずるべく、フェイスリフトを行う。 はフロント・リア共に太くなり、車体のロールが軽減された。 に登場したフルサイズピックアップで、「(A60型)」および、フルサイズSUV、「(TA60型)」のプラットフォームであるをベースとする。 南アフリカ・オフロード選手権に「ハードボディV6」が参戦。
36