🐾プルシュカ 死亡。 メイドインアビス

42

口癖は「度し難い」。

横穴はになっており、そこを降りて行くと、四層まで降りることが出来る。

匂いはく 「 結構よごれてるいたをやさしくした」感じらしい。

白笛の供物にされる人間が特定の誰かを強く想いながら死ぬことで、ようやくその想われた相手が『白笛の持ち主』となる。

深界七層の終わる深度は未だ分かっていない。

干渉器 プタとを共にする。

深界五層の前線基地 イドフロント においてプルシュカと知り合い、親友になる。

アビスの中で機能停止している所をリコに拾われる。

38話 挑む者たち 持てる力を全て出し、ボンドルド卿に打ち勝った三人。

つまり作中におけるボンドルドとは「 「祈手」隊員が代わる代わる演じていた実体のない存在」であり、その本質は「『 精神隷属機(ゾアホリック)』によって祈手に継承された記憶そのもの」である。

99
このシーンで、今まで普通の女の子のように見えたプルシュカの、刷り込み教育を受けていた故に持つ異常性を多くの読者が認識した事だろう。 見送りしてくれるので、とは逆に精値がする。 四本の腕を持ったので、とは面識があるらしい。 尚、人は一人につき0オースが必要となる他、の上限は5人までとなっている。 キャラクターデザイン -• 既存の具の代用になりにくいもの。 の表層部に建てられた探窟達の『オース』。
95