コオリッポ育成。 ポケモン 剣 盾 コオリッポ 育成 論

はらだいこをすれば2回でも馬鹿にならない威力になるためこちらを推奨しています。

【コオリッポの特徴1】特性:アイスフェイスによるフォルムチェンジ フォルムチェンジをするポケモンとしてはミミッキュやヒヒダルマが有名ですが、剣盾初登場のコオリッポもフォルムチェンジポケモンです。

製品情報• 物理ダイマックスエースに死に出しして特性アイスフェイスを活かしてストップさせる 起点作りをするポケモンがいなくても物理攻撃をしてくるポケモンの多くを起点にすることができます。

前書き こんにちは!今回2回目の育成論を投稿させていただく、炊き込み淡水です。

12 ノーマル ウェザーボール 特殊 威力50 命中100 PP10 天気によって技のタイプが変化する。

コオリッポかわいい!• コメント 4 みんなの評価 :• 選択技 しねんのずつき 威力80命中90のエスパー技です。

「ナイスフェイス」にフォルムチェンジしたコオリッポは防御と特防が下がる代わりに素早さが大きく上がり、あの スピードアタッカーサンダースに並ぶ素早さを誇ります。

対戦・育成 対戦お役立ち• また「がんせきふうじ」で素早さを下げて後続に任せるという手も取れる等、コオリッポの妨害に長けている。

先制技封じが紙耐久のNFに嬉しい。

しかし、ダイマックスしたときの安定感には目を見張るものがあるポケモンです。

天気が『あられ』になると、再び『アイスフェイス』にフォルムチェンジする クリア後• 一致技で弱点を突かれず、特殊技で安定して「みがわり」の破壊が可能なピクシーや、氷半減で特殊耐久にも余裕があり2倍「フリーズドライ」程度では突破されないナマコブシが有効
ページ:• 素早さ169以上の特殊アタッカーを後出し アイスフェイス時の最速コオリッポはカムラの実が発動しても素早さが168 最新情報• こちらとは持ち物や若干の努力値振り、運用方法で違う点がございます
シリーズ通しての要素• レイドピックアップ• 圧倒的火力とスピードで全抜きしたい!• 高い素早さと物理への耐性は、強力な積み技であるはらだいことの相性が良く、アイスフェイスを盾に強引に積むこともできます わざ:みがわり・あられ・まもる・つららばりorフリーズドライ 特徴・戦い方: アイスフェイスとみがわり、あられによるアイスフェイス復活とまもるを駆使して物理相手の攻撃を受け切りつつ、あられのスリップダメージとメインウェポンのつららばり(物理型)orフリーズドライ(特殊型)で削りを入れて嵌めていく型です
個体値:C抜け5V or A抜け5V• とにかく相手が物理であればチャンスで、相手が特殊であればピンチになることは覚えておきましょう 注目ポケモン• このポケモンははらだいこを積むときに出てくることも多いので、上を取っていれば何もされずに倒されるといったことが少なくなります
各種機能• 自分のパーティに合わせてカスタマイズしてください コオリッポ(アイスフェイス)の対策 特殊アタッカーで弱点を突く コオリッポの特性は物理アタッカーの攻撃は防げますが、特殊アタッカーの攻撃は防げないので、弱点を突ける特殊アタッカーで対策するのがおすすめです
技構成 確定技 ・氷技1枠 ・みがわり ・はらだいこ 選択技 氷技1枠候補 ・れいとうパンチ ・つららばり ・つららおとし ・しねんのずつき ・きしかいせい ・アイアンヘッド ・もろはのずつき ・アクアブレイク 役割・使い方 カムラの実発動で全抜きを狙う 「みがわり」+「はらだいこ」+カムラの実で攻撃最大、素早さ1段階上昇から全抜きを狙う型 あたまの けを うみに たらして エサをつる
物理技を無効にした後は「ナイスフェイス」となり、素早さ種族値130となるため、ほとんどの相手の上を取れます 特性「アイスフェイス」で物理技を一度無効化することが出来るため、物理アタッカー全般を起点にして「はらだいこ」を狙える
ただし、通常技として使うと反動が痛かったり威力が安定しないので、ダイマックス前提での運用が主になる 決まった時の突破力には凄まじいものがあります
攻略お役立ち• 役割対象• 天気が「あられ」のときにのみ出すことができる コメント 8 いいね! 時は素さが非常に高くなるため、の攻撃をでぎつつはらだいこを積んでで上からく…という用途も考えられる
どの技を選んでもダイマックスした時は威力130のダイアイスになります おまけに特防値はミロカロスを上回り、素早さも1しか変わりません
64