ハスター 呪文。 名状し難きものの憑依体(UNSPEAKABLE POSSESSORS)

化身 化身はみな一見して人間に見えるという共通点がある。 旧支配者に分類される神であり、顕現の際は「生ける炎」の姿をとる。 逆に毎晩充分な犠牲者を得る事がなければ、日の出の際に起こる1D20ポイントの耐久力の喪失によって怪物は崩壊してしまいます。 ただし、クトゥルフ神話の神々にとって姿など大きな意味を為さない点を踏まえなければならない。 呪文: 火精召喚(エウォカーティオー・スピリトゥアーリス) 槍の火蜥蜴29柱(デ・ウンデトリーギンタ・サラマンドリス・ランキフェリス)・・・ 159 「魔法の射手」で、破壊属性の「火の矢」を多数放つことができる。 『図解クトゥルフ神話』「ハスター神話について」、182ページ。 またアザトースやヨグ=ソトースらの関係性を表す系図(ラヴクラフトを含め複数の作家が書いているため、それぞれ矛盾している)にも加えられた。 他に「名付けられざりしもの(Him Who Is Not to be Named)」、「星間宇宙の帝王」、「邪悪の皇太子」、そして がある。 - 代表的な眷属生物。
7