ダンジョン 飯 10。 『ダンジョン飯 10 & ダンジョン飯ワールドガイド冒険者バイブル』(九井諒子) 特集

一方で個々の生態については不明な部分も多く、ライオス達が迷宮内で新しい発見をすることも少なくない。

マルシルとは再会直後やや険悪だったが、再び別れる時には和解していた。

何でも器用にそつなくこなせるため、多少自信家で他者への共感が希薄であるが、忍びとしての実力はしっかり伴っている。

島の迷宮は未だ稼働中。

タンスによれば魂を肉体に縛り付ける強力な不死の術が迷宮全体にかけられており、「人」であれば内部で死亡しても、肉体の損傷さえ魔術や魔法で回復させれば蘇生できる。

82
猫系獣人であるため、消化出来ない物を食べた際は嘔吐してしまう 黄金郷の住人 デルガル王の孫 ヤアドを始めとした王国の住人
美味しそうなのとそうでもないのとありますが、楽しく料理をしていきます 遂に狂乱の魔術師との対決
本人は「魔術に善悪はない」とのスタンスだが、禁忌の魔術に対する一般的な偏見から、神経質で心配性なチルチャックやファリン復活の経緯を知る者の一部からは「ダークエルフ」「邪悪な黒魔術師」と誤解される羽目になる 耳輪の上部分が厚く折れている
気になる人はぜひコミックスをチェックしてみてほしい 収録話は第63話~第69話
再会した時は謗られる覚悟をしていたが、ライオス達が嬉々として魔物を調理してる姿を見て、逆にその現状に愕然とする 金銭感覚もシビアで、「途中で抜けられない」という欠点を受け入れた上で、前払いでしか仕事を引き受けない
平均寿命は200歳 冒険者バイブルも買いました
80