排卵 計算。 排卵日から出産予定日を計算

排卵後は伸びも量も減少します。

排卵周期の間、子宮頸管粘液はより透明で厚くなり、精子が放出された卵子に到達するのを助けます。

しかし、女性のおりものは排卵期に受精の手助けをしてくれる役割を持っていて、排卵日にも深い関係があります。

この時期の頸管粘液は粘り気があり、指で伸ばすとよく伸びます。

例えば28日周期の人は、14日目に排卵があり、その後2週間すると生理が来ます。

さらに低温期と高温期の間に体温が最も下がる日があり、この日から高温期にかけての2~3日の間に排卵が起こるといわれています。

この方法は、彼の学説に基づく「排卵期は月経予定日の12~16日前の5日間」という法則から排卵日を推測します。

古来より人間の身体や運勢は月の周期に影響を受けると言われているため、 ルナバースデーの把握が有効なことがあります。

おりものは排卵日が近づくと粘り気の強いゼリー状になり、この状態になった4~5日後が排卵日だといわれています。

排卵3から4日前から毎日チェックして変化の特徴をつかんでください。