スタディ プラス 使い方。 「Studyplusスタディプラス」使い方や評判をサクっと解説

教材画像はお気に入りの画像を使う 登録する教材は独自教材にして、自分の好きな画像を設定しておいた方が愛着が出ます。 ちなみに、イベントの日を登録してこのカウントダウン機能を使っていると、「StudyPlus(スタディプラス)」を立ち上げて使っていなくても、スマホ画面上でこんな感じでお知らせしてくれます。 イベントカウントダウン:大事なイベントまでの日数をカウントダウンする「イベントカウントダウン」をより多く設定できる。 今週の目標を「勉強時間」で設定し、進捗をグラフ化しながら楽しく勉強ができる。 つまり、スタプラは、 受験や資格試験のための勉強のみならず、読書などの記録にも使うことができるのです!! 以上が基本的な勉強記録のつけ方です。 なので、 最初は敢えて「勉強する」というよりは「必ず記録をつける」という目標にするだけでも効果があります。 Studyplus(スタディプラス)には、「コミュニティ」という他のユーザーと交流できる機能が搭載されているため、同じ目標や似た傾向をもつ他ユーザーと情報交換を行ったり、励まし合ったりすることができます。 友達に「いいね」をもらうと、心が折れかけた時に力をもらえる。
50
興味がある方は、ぜひインストールしてみてください さらに、自分の目標をタイムラインに投稿することができます
勉強仲間の勉強記録を見て刺激を受けられる 同じ目標を持っている人と励ましあえる
勉強量のバランスが一目でわかりますね Studyplus(スタディプラス)アプリを利用する上でのデメリット3つ目は、他のアプリで遊んでしまう恐れがあるという点です
基本機能は全て無料で使えますが、広告を消したい方は課金して「Studyplus Pro」をすることで広告非表示にすることもできます 5000人を超えるレビューと評判を受けての結果が「4. 以上が基本的な勉強記録のつけ方です
スタディプラスをかしこく使って勉強に励もう スタディプラスで使える機能と使いかた3つをおさらいします どの教材を使えばいいか分からないという方にもおすすめです
登録したイベントの日までのカウントダウンを表示してくれます こうやって気の合う人同士で励ましあいつつ、勉強記録をつけていくのがスタディプラスの醍醐味なんじゃないかな、と思います
Studyplus(スタディプラス)には、目標を設定することができる機能と、イベントカウントダウン機能が設定されています 自分の学習成果をグラフで可視化したり、共通の目標を持った仲間と刺激し合うことができたりするところにStudyPlus(スタディプラス)の良さがあるようです
自分の学習ペースを確認できるだけでなく、グラフをつくるためにも「勉強しなきゃ」と思ってしまいますね その数分の手間をかけるだけで「やる気」が起こり、「勉強の習慣化」ができたら最高ですよね
マイページ Studyplus(スタディプラス)の「マイページ」は、タイムライン同様に受験生の「やる気」をアップさせられる逸材です この点を考慮しても、「Studyplus(スタディプラス)」が良質アプリであると判断できます
18 12