岡本 夏生 ふかわりょう。 岡本夏生「ふかわろう1円の真実」5時に夢中!ゴタゴタと降板騒動の謎

コメンテーターの岡本はその代表的な存在で、所属事務所のない自由さから、問題発言を連発していた。

最近、をめぐる騒動がなぜか芸能マスコミを賑わせている。

他にも、ふかわさんは岡本さんについて『こういう人間を(註:テレビ業界は)誰も使わない、誰も見向きもしない。

栽培では 男沢聡子裁判長!!【名前が強い!!】 はキスが「一方的かつ暴力的だった」と認め、請求通り1円の賠償を命じた。

昨年12月に行われた前回は、レオタードを着用するほどノリノリだった岡本だが、この日は黒のダウンジャケットにスエットパンツという普段着で、顔はほぼスッピンだった。

そもそも押し倒してキスするのはあまりに非常識な行為ですけどね。

「ここから2人のマジ喧嘩が始まりました。

急遽岡本の降板が決まったのである。

台本では今年のこれまでの芸能ゴシップをブッタ斬ることになっていたが、岡本が真面目に答えたのは最初のベッキー(32)まで。

40

だが、相手がマジギレした時点で芸とは言えないし、岡本さんを見下していたことを反省できないふかわさんには、何ら同情の余地はない。

「ギャラの話にもなって、岡本さんが『このイベントのギャラの取り分も聞いていない』『グッズの収益がいくらなのかも知らされていない』と不満を言いだし、ふかわさんは『結局お金の話か』と不快感をあらわにしていました。

岡本は、"テレビ引退"宣言についても、今月3日放送の『ノンストップ!』(フジテレビ)の取材のなかで"出たくなくて出ないわけじゃない"と述べた。

11~13日には同番組で共演した盟友のふかわとトークイベント「ふかわと夏生のガチンコ・スプリング~ガチハル!~」を行う予定だったが、音信不通のため、主催者サイドは岡本の欠席を想定。

たしかに、この元祖は次々と騒動を巻き起こしている。

2012年頃からこのようなことがあり、二人の関係は既に険悪になりつつあったようですよ。

岡本が1円の損害賠償などを求めた訴訟で、東京地裁が支払いを命じたのだ。

それは、岡本さんの、税理士さんに、うまく言って処理してもらってよ。

1円訴訟が他に起こされる場合も、なんらかの社会問題に対して、提起されることが多いです。

58