神居 古潭 駅。 神居古潭駅

JR函館本線の車内からは旧神居古潭駅を見ることはできません。

99
旭川を代表する人気景勝地「神居古潭(カムイコタン)」 神居古潭(カムイコタン)という名前の由来はアイヌ語で、カムイは神、コタンは集落という意味 アイヌ人が神聖な場所とみなし畏敬の念からカムイ(神居)と呼んだ場所はいくつかありますが、中でもカムイコタンは特別怖れられていたスポット 駅名の入った看板とともに、線路のない森の中にあるホームは少し不思議な雰囲気
本駅舎は明治31年旭川まで鉄道が開通して以降,同34年に神居古潭貫井停車場として設置され,同35年に神居古潭駅となり,その後昭和44年に函館本線の納内-伊納駅間がトンネル化されたことにより,廃駅となるまでは実際に駅舎として実際に使用されていました 線路は、現在サイクリングロードとして整備されていま
パワースポットとして認知されたのはごく最近のことですが、神居古潭には人が持つ陰のパワーと神様が持つ陽のパワーが混ざっている珍しい場所から訪れると鳥肌が立つという人もいるそうです パワースポットとして認知されたのはごく最近のことですが、神居古潭には人が持つ陰のパワーと神様が持つ陽のパワーが混ざっている珍しい場所から訪れると鳥肌が立つという人もいるそうです
また、味と歯ごたえのしっかりしたお肉がお好みの方には、放牧に近い状態. また、 神居古潭では天然石が採掘されます ひさびさの自転車による神居古潭探索は充実&快適なものとなりました
新潟から亀山を経て九州に渡り最後は旭川で廃車となった 歴史 [ ]• 線路跡地は、「旭川市」から「神居古潭」を結ぶ 総延長19.37kmの「旭川サイクリング ロード」として整備されている
- 函館本線の電化・複線化に伴う切り替え工事のため、最終列車出発後、当駅と旧線の営業を終了 そこから神居古潭までは徒歩5分の道のりです
険しい山を貫いて川が流れる峡谷は、かつては人やものを運ぶ重要な役目を果たしていましたが、現在では、上川盆地 旭川市 と空知平野 深川市 を結ぶ石狩川沿いの景勝地となっています トンネル出口付近から神居大橋が見える
また、地元の農産物や限定スイーツの販売、旧神居古潭駅舎での鉄道グッズの販売など、神居古潭の魅力や特産物がPRされる盛りだくさんのイベントのようです 構内の深川方の外れはすぐにトンネル、崩落の可能性があるのかコンクリートで巻かれている
廃線跡はサイクリングロードとして整備され、駅舎は休憩所となっている そんな神居古潭(カムイコタン)は、人気マンガ「ゴールデンカムイ」の重要なシーンに登場したこともあり、ゴールデンカムイのファンが、ゆかりの場所を巡る「聖地巡礼」では、必ず訪れたい場所として、またTV番組「ブラタモリ」や「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」でも神居古潭を訪れたことから、全国的な人気や知名度が一気に急上昇しているスポット
周辺には、駅の一部も残っており、当時の雰囲気を垣間見ることもできます バスでの行き方 旭川市街からバスに乗り、神居古潭で下車してください(約30分)
8