嘘喰い 漫画bank。 嘘喰い

終章では実際に梶をパートナーに防衛庁不正事件の真相を暴いたことが明かされる。
ステレオタイプな片言の日本語や日本人の「猿」呼ばわりが特徴的 初登場時に貘のことや彼の命の取り立てを忘れていたというのも演出ではなく、実は事実であったことが後に明かされる
ビンセント・ラロの2人目の協力者 本人は戦闘や直接的な行動をせず、多数の部下たちを動かして場を仕切るタイプの典型例とされ、世界中の様々な情報を蓄積した天才的頭脳を武器とする
カジノクラブ「クララ」のオーナー 約80誌以上の雑誌が読み放題!さらに先ほどのポイントを使用して一般書籍や漫画を購入することが可能です
また、そのダイヤを作ったのがアビ・カーンであり、ダイヤにされず残った右半身は彼のコレクションになっている 純真無垢な体躯の良い長身の青年
無造作に伸びた髪と無気力な顔つき・口調が特徴の青年 詳細は門倉の項を参照)
死後、所持していたタブレット(アクセス権)をトルベに利用される 酒井の依頼を受け、貘との賭郎勝負に立ち会う
96
門倉 雄大(かどくら ゆうだい) 賭郎の 拾陸號立会人(後に 弐號)。 不法入島者の捜索中監視カメラがとらえたトルベを顔認証システムで追跡するが、トルベに返り討ちにあい、囮に利用される。 零號立会人。 後に賭郎立会人。 完敗し、首吊り処刑を宣告されてなお最期まで死を恐れないと豪語していたが、土壇場で貘に生への執着を呼び起こされ、「死にたくない」と壮絶な絶叫を上げ続け醜態を晒しながら絶命する。 別名:蜂名直器。
31