雑居 時代。 『雑居時代』の重箱の隅をつつく

なので今後もこの作品について定期的に投稿する、かもしれない。
昭和に活躍した名優は沢山いるが、私は他の誰よりも、石立鉄男の作品ばかりを鑑賞してきた。 第10話 10.1 稲葉スタジオが入居しているビルの1Fのテナントの名は? 第12話 12.1 新宿西口附近を言い合いしながら歩く十一と夏代さん。 自分ら的には「」の源さんのイメージが強い。 次女・夏代がドラマの成功を一番支えた大原麗子さん。 非常に呑気な性格で、なおかつ優柔不断。 衣裳 :• 邦子は広い屋敷を鉄也の親友・栗山(大坂志郎)に格安で譲った。 就寝中に布団を直してあげようとした十一を変態だと誤解して大騒ぎしたことがある。 この回では、春子さんは秋ちゃんを「秋枝」と呼び、十一は春子を「春ちゃん」と呼ぶ。 十年前に十一を勘当した。
41
第1話で鉄也と共に旅立つ。 撮影 :• 監督 : 千野皓司、平山晃生、、小山幹夫• コメントいただければ、幸いです。 第1作『おひかえあそばせ』との違いは、姉妹が六姉妹から五姉妹に変更されていることである。 ロウソク、線香立て、遺影の位置がカットによって微妙に違う。 美術 : (東京テレビアート)• 春子からは「なっちゃん」、秋枝からは「姉御」、冬子や阿万里からは「夏姉ちゃん」と呼ばれている。 栗山家の姉妹のなかで、唯ひとり十一と気が合う。 姉妹は、無神経で口の悪い長女・春子、しっかりものの次女・夏代、男勝りの三女・秋枝、いまいち大人になりきれない四女・冬子、おませな末っ子の阿万里(あまり)。 放送データ [編集 ]• 実際のロケ地・邸宅の場所を知っているだけに、音だけの演出に少し違和感を覚えるようになった。
71
しかし、同CDに収録の音声は音声マスターの6ミリオープンリールテープが散逸している為、16ミリフィルムの光学音声から採録されている状況である。 中年のサラリーマン・栗山は、男やもめで、子供は娘ばかり5人という、完全な女性上位の家庭。 「雑居時代」の成功は何といっても適材適所な配役。 何回観ても完成度の高さに驚かされる。 決して悪かったわけじゃないけど メリハリというかエッジの鋭さというかそのあたりは本作の方が上かな。 ボーイッシュで活動的。 栗山春子/ 長女。 背景から判断すると、実際のロケ地点はバス停からかなり離れた場所で、かつ道路の反対側の歩道。 特に、大原麗子演ずる次女・夏代の気の強さたるや、半端ない。 栗山家の姉妹のなかで、唯ひとり十一と気が合う。