クリスマスソング 歌詞。 定番のクリスマスソング~人気曲 選~

Santa tell me if he really cares. 映画「天使にラブ・ソングを」ゴスペル風アレンジが有名に 映画「天使にラブソングを2」挿入歌。

サビ部分で繰り返される make it through は「どうにか困難を乗り越える」という意味。

現代では家の高い位置にぶら下げられ、その下で出会った人は「キスをしなければならない」んだとか。

「アップテンポな曲が好き!」「バラードでしっとりした聖夜を過ごしたい」など、 目的や好み、気分によって選んでみてください。

Good morning や Happy Birthday なども同様。

オノ・ヨーコはジョンにとって二人目の妻で、息子ジュリアンは前の妻シンシアとの子供。

この歌詞で登場するのが、日本ではあまりなじみがない mistletoe(ヤドリギ)。

オリジナルだけでなくカバーされた作品もあるので、 アーティストによる違いを楽しんでみるのもおすすめですよ。

誤って手に刺さったら「疼く(ひいらぐ)」、つまりヒリヒリと痛むことから、「ひいらぎ」の名がついたという。

17
Another year over And a new one just begun 今日はクリスマス 何をした1年だった? 今年もまた過ぎ去って 新しい年が始まる And so this is Xmas I hope you have fun The near and the dear one The old and the young そう クリスマスがやってきた 君が楽しんでいるといいな そばにいる人も 大切な人も お年寄りも 若い人も A very Merry Xmas And a happy New Year Let's hope it's a good one Without any fear メリークリスマス そして新年おめでとう 願おう 良い年になることを 怖がらなくていいような年に And so this is Xmas For weak and for strong For rich and the poor ones The world is so wrong そう これがクリスマス 弱い人にも 強い人にも 富める人にも 貧しい人にも 世界は 随分おかしくなってる And so happy Xmas For black and for white For yellow and red ones Let's stop all the fight そして とても幸せなクリスマス 黒でも白でも 黄でも赤でも 止めよう 全ての争いを War is over! 私の願いを叶えて! 作曲は、19世紀イギリスの音楽家サミュエル・S・ウェスリー。 ルネサンス後期の音楽家パレストリーナの代表作 マーラー交響曲第8番第1部。 「あなたにとって楽しくささやかなクリスマスになりますように。 最後のセンテンスの文頭に登場する for は、原因や理由を指す「~の理由で」という意味で使われています。 Have yourself a merry little Christmas 1944 - Judy Garland Have yourself a merry little Christmas. 子ども達が見つけたあの古いシルクハットに魔法がかかっていたに違いない。 」 邦題:『サンタが街にやってくる』 日本語版歌詞:「待ちきれないでおやすみした子にきっと素晴らしいプレゼント持って」 子どもから大人までおなじみのこの曲は、1934年に初めて収録されました。