バンギ 育成 論。 バンギラス育成論

以外バランスの取れた配分となっている。 砂を8ターンも継続させること• また、ほのおのパンチやれいとうパンチを採用しているので、 バンギラスに対して後投げされやすいナットレイやランドロスにも対応することが可能です。 特に「すなかき」は素早さが2倍になるため、非常に強力です。 、を半減できるのも当時の高評価の理由としては大きい。 ポケモン育成論まとめ. 特におにびやねっとうによるやけどを狙えば、ほぼ機能停止するのでおすすめだ。 また、メガガルーラの減少によってイカサマ採用の優先度が下がった。 また、この論のバンギラスの攻撃技のほとんどは裏のドリュウズが倒せない相手に削りを入れることを重視したものなので、裏のドリュウズが単独で突破できる相手のダメ計は基本的には載せていません(岩石封じは立ち回り上必要なので多めに載せておきます) がんせきふうじ 2 乱数5発 おまけ 三体目としてかなりおすすめなのが凝固様のこちらの論です。 相手がドラパルト、サザンドラ、ロトム系統、トゲキッス、リザードン、ブイズ系統であればとんぼやボルチェンから着地して場を整えることができます。 壁対策。 投稿者:めざパ氷• 砂嵐の効果は強力で、見せ合いなし6on6では特に砂パでなくてもパーティ全体で砂嵐に対応することが必要となります。
97
HCベースは 耐久に振っていないガブをほぼ落とせるという火力を保障されていること が最大の利点となる コメント 19 みんなの評価 :• ストーンエッジと選択
交代際のダメージは「しっぺがえし」の方が大きいですが、「かみくだく」にすると耐久無振りドサイドンを高乱数2発で押し切れたり、防御特化ドータクンを中低乱数2発で押し切れたりします ページ:• しかしバンギラス、フェアリー共に鋼技で弱点を突かれることもあり、特別相性が良いわけでもありません
とダブルバトルでタッグを組んでそれぞれの長所をいいとこ取りにすることも可能であった ただし、稀にいるスカーフドラパルトや天候変化特性持ち、天候変化のダイマックス技を使った切り返しなども考慮すると、選択技として十分候補に上がると考え載せました
メガバンギラスにメガシンカすると特性が「すなおこし」になります 期にはバンギラス、、、の4体を軸にとでアドバンテージを取る「バンギガブボルトローブ」という電磁波砂パ構築が生まれた
一方メガバンギラスは素早さ種族値が71あるため、最速にすれば「りゅうのまい」後に最速130族をギリギリ抜くことができます ストーンエッジ・いわなだれ: メインウェポンの岩技です
12
投稿者:joker• シリーズ3シーズン4でが解禁されると、枠を食い合うことから相対的に使用率が低下。 また、同様に「黒馬バドレックス」「ホウオウ」「ルギア」などにも弱点を突けるため、禁止伝説級のポケモンに対抗できるポケモンと言えるでしょう。 データベース• コメント 28 みんなの評価 :• バンギラスはメガシンカしなくても強い型があります。 コメント 15 みんなの評価 :• そのため見せ合いありのバトルでは、バンギラスなどメガシンカ可能なポケモンを複数パーティに入れることでメガシンカ枠がバレにくくなる効果があります。 ただしダイマックス時は耐えられる可能性が高く、弱点保険なら反撃で倒されるので注意。
15