西部 警察。 西部警察 SPECIAL

テレビドラマ『Dr. サントラ盤:• 舘はみんなに好かれているキャラクターの良純を大変可愛がっているようで、「僕があのときシメていなかったら、今のあいつはいない」と笑います。

- テレビアニメ版最終回で、「国家サバゲ部隊長」という大門に酷似した人物が登場する。

はの13回忌記念として、全国のテレビ朝日系列で再放送が行われた(なお、一部放送回は欠番扱いされて未放送となった局もあり) 小道具 -• ロケと京都ロケで、石原裕次郎の友人である宝酒造社長(当時)・も登場していた
なお、劇中で特殊装備が使用される機会はほぼ皆無で、単装20ミリ機関砲が使用されたのは初登場時と鹿児島ロケの2回のみ、アフターバーナーが使用されたのは初登場時と仙台ロケの2回のみである たまたま前を通りかかったときに見つけたのだが、よくもまあそんなところであんなにも派手なドンパチシーンを撮ったものだと 汗 …
脚本担当プロデューサー -• 美術 - 古谷良和• ちなみに2020年1月現在も、西部警察はCS放送「ファミリー劇場」やYahoo! 大門への敬愛の念からか、彼もサングラスを常時着用 それでも第1話で自らダンプカーを運転し、特殊装甲車に特攻する姿に彼の熱き漢(おとこ)の魂を見て心燃やした視聴者は多い
12月11日(火)の放送は、ゲストに俳優・舘ひろしが登場 なお、『PART-III』第33話の仙台編においては、ロケイベントのゲスト・による(チェリッシュの地元・名古屋への五輪招致テーマソングであった )の歌唱が舘の歌唱と同様に劇中シーンとして挿入されており、事実上この回の挿入歌となっている
特機 -• (第35話まで)• 同作では当たり前のように毎回爆破シーンが登場するが、シリーズを通して破壊された車は約4680台、家屋320軒に上るという 西部警察 SPECIAL SOUND TRACK AGAIN REMIX(2007年発売) SPECIALの曲をしたアルバム
柿沼大介• だが、「団長、ありがとうございました! PART-III第52話を最後に登場しなくなったため、特殊車両の中で登場回数が一番少ない シリーズスタッフ [ ]• CR西部警察3()• また西部警察PART2以降、特殊車両『サファリ』として以外にも主に地方ロケにて犯人車両や警察車両として悪路でのカーチェイスシーンに多用され、4WD車の性能を如何なく発揮した
90
6 『西部警察』シリーズ放映開始のわずか4ヶ月前に発売され、シリーズにおいて終始西部署メインの警察車両として君臨し続けた5代目セドリック 連続ドラマ『西部警察2003』の制作について [ ] 2003年、石原の十七回忌命日でもあるこの日、『西部警察2003』と題した連続ドラマ(同年10月から12月までのにて全10話を放映予定であった)の制作が発表された
劇中の設定では、一般車に比べ車高が20cm低いことになっており、これに目を付けた犯人が逃走用車両として指定し、車高を利用して工事中のトンネルで追跡してきたパトカーを撒いたこともある(『PART-I』第75話) 『ニッサン・パトロール』は自衛隊の正規車両の座こそ三菱自動車が制作した『三菱ジープ』に奪われたものの、厳しい適性試験をパスして主に地方の消防署に多数配置され、またその高い防水機能を武器に海外にその販路を求めて成功を収めた
音響効果 - 渡部健一()• 負傷者…6人• エンジンは純正のFJ20ETにチューニングを施し280psを発生 「愛のゆくえ」(『PART-I』第1話 - 第56話、歌:)• ただし一部の回では一方のアンテナを直立させたまま走行しているシーンがある
作詞・作曲: 編曲:竜崎孝路 歌: 放映リスト [ ] 太字はDVD大門BOX収録エピソード 西部署の所轄は東京23区内のはずなのに、都下の多摩地区や神奈川、千葉、埼玉など、都心近郊のロケ地も頻繁に登場する 笑
(1984年2月21日発売) 石原裕次郎が歌った主題歌・挿入歌と、テーマ曲を含むインスト5曲を収録 挿入歌 [ ] 挿入歌は基本的に「コーナーラウンジ」(通称・カド屋)や「セブン」のシーンで、歌手の弾き語りという形で使用されていた
また83年8月にはマイナー・チェンジが施され、『鉄仮面』と言われるRS専用のフロントノーズが追加されたが、 85年8月のフル・モデルチェンジにより RSグレードは廃止されてしまう トランク部分の後部両端に長めのアンテナが取り付けられており、このアンテナの先をサンルーフ部分に固定している
また、各シリーズで一度ずつ、木暮が石原裕次郎の歌を歌うシーンがある(『PART-I』第48話で「」、『PART-II』第28話で「涙は俺がふく」、『PART-III』第31話で「思い出さがし」を歌った) 放水銃・ビデオカメラ使用の際は、ルーフを前方に開ける必要がある
幌を張って走行するシーンが見られた 国家転覆を計画する思想家 大河内に雇われたもと外人部隊戦闘員の 日下ら一団が使用した
21

刑事達はネットカフェへ急行するが、日浦はビルの屋上から飛び降り自殺を遂げる。

ゼロヨンタイム10秒。

- 十三回忌再放送が行われていた1999-2000年ごろにかけて、が「西部警察の再放送を見たい」と要望する など、本作に言及する演出がたびたび見られた。

(1980年6月25日発売)• またこれらの一部装備は後に形を変えるなどして、2000年代以降現実のでも実用化されている。

12月17日から22日にかけてで放送された特集番組『石原裕次郎の世界』枠内にて、シリーズ傑作選として計6エピソードがノーカット放送された。

CS放送局ではの『デカ劇場』枠内でHDリマスター版が放送されている。

大柄な娘。

西部警察 ジャンル 出演者 ナレーター 製作 制作 放送 音声形式 モノラル放送 放送国・地域 (PART-I) オープニング 作曲: 演奏:ホーネッツ 「西部警察メインテーマ」 エンディング 石原裕次郎 「みんな誰かを愛してる」 「夜明けの街」 放送期間 - 放送時間 日曜日 20時00分 - 20時54分 オープニング 作曲: 演奏:と東京ユニオン 「ワンダフル・ガイズ」 エンディング 石原裕次郎 「時間よお前は・・・・」 「勇者たち」 放送期間 1982年 - 放送時間 日曜日 20時00分 - 20時54分 オープニング 作曲:羽田健太郎 演奏:高橋達也と東京ユニオン 「ワンダフル・ガイズ」 エンディング 石原裕次郎 「勇者たち」 「嘆きのメロディー」 放送期間 1983年 - 放送時間 日曜日 20時00分 - 20時54分 特記事項: この他、単発作品『』(PART-Iの直接の続編)と製作中止のシリーズ『西部警察2003』が存在する 『 西部警察』(せいぶけいさつ)は、10月から10月にかけてで全3シリーズが放送された ・制作のである。

発表段階で名古屋、大阪、広島と地方ロケが決まっており、主にテロ事件を扱い、旧作と同様に派手なスペクタクルシーンを前面に出す内容が予定されていた。

36