体育 会 系 特徴。 体育会系企業の特徴とは。合わないと思ったらどうするべき?(2ページ目)|「マイナビウーマン」

「彼ら彼女らは勝ちパターンを知っています。

残業時間が長かったり、取引先との接待などで遅くまで飲んだりゴルフをしたりする機会が多かったりしたひと昔前は、体力や精神力のある体育会系出身者が力を発揮できる場がたくさんあったといえるでしょう。

基本的には優しい男子が多いと言えます。 そんな彼らも、社会人になると少しは落ち着くとはいえ、やはりまだどこかチャラさが抜けきっていないような印象が見られます。 ノルマなどがある職種の場合はそれに耐えられる精神力に加え、多忙な日々のなかで勉強する時間も確保するタフさも求められる業界でもあることから、体育会系の人に向いているといえるでしょう。 無理に体育会系企業に行く必要はない これまでは体育会系企業の特徴を紹介しましたが、体育会系企業の体質が合わないという人は無理に体育会系企業へ行く必要はありません。 体育会系企業の社風が肌に合う・合わないというのは、 人によってかなり差が出てしまう可能性が高いです。 長時間拘束され部活一辺倒になりがちなところを、強みを活かして学業などとも両立してきた姿は、マルチタスクを上手にさばいてくれそうという印象を抱かせます。 体育会系の強みをアピールする例文 自己PRにおける強みとして体育会系気質を用いる場合、具体的なエピソードで表現し、これからもそれが職場で役に立ちそうだと思わせる必要があります。 上司の権威付けや、プライドを保つための不要なダメ出しや指摘が続けば、部下のモチベーション低下は避けられません。 勢いで乗り切ろうとして、具体的な答えを出すことが苦手です。
71