ビルゲイツ コロナ 予言。 コロナ・パンデミックを言い当てたビル・ゲイツ、次に世界を揺るがす可能性のある危機を予測 (2021年2月16日)

オカルト版住人達が数々の質問をすると、その質問に対して回答をしてくれていました。
自然災害に関しては、言う事が許されない。 この記事を書いた人 遠田 幹雄(とおだ みきお) 経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。 日本のメディアは相変わらず、新型コロナウイルスで大騒ぎしていますけども。 イルミナティカードにコロナは予言されてたらしい。 たとえば、ガーナでは高速道路が拡張され、生産地から消費地への輸送が容易になり、セネガルでは高速道路のチェックポイントを廃止することで渋滞を回避している。 誤字脱字がございましたらご容赦願います。 だが、新型ウイルスのパンデミック(世界的な大流行)対策のために2億5000万ドル(約270億円)の寄付を約束したゲイツ氏は、このインフォデミックの最新の標的になってしまった。 1、「15年後、3300万人が感染病により1年以内に死ぬ」 ミュンヘン安全保障会議での発言。 まぁ、電通は政府も役人も必死に守るでしょうねぇ。
70
などと予想していました。 7、「2019年までにポリオ(ポリオウィルスが引き起こす急性灰白髄炎)が根絶される」 2013年にブログ「gatesnotes」の年報で発表、ポリオの流行が減少していることを指摘。 つい先日のドイツがこんな感じですし。 だって、役人にとったら電通は大切な天下り先ですよ。 COVID-19で160万人以上が死亡し、何百万人もの人々が仕事や学校から離れ、壊滅的な山火事や政情不安が起こった2020年より悪くなることはないという意味だ。 「鼻咽頭検査を受けたことがある人なら、これがどれだけ不快で、咳やくしゃみを引き起こすかを知っているだろう。 疫病大流行(アウトブレイク)のシナリオに沿った計画立案からワクチンの開発、そして医療従事者達のトレーニングなどの必要性を訴えていた。 ビル・ゲイツの陰謀とは一体何なのか。
79

このようなことは、必ずしもすべての人間の天使に当てはまるわけではありません。

「世界的に見ても、女性は副反応の被害が出る割合が高いことは明らかですよね。

これは ワクチンの開発や医療の技術の発展により平均寿命が延びる 事、 平均寿命が延びた国では出生率が落ちる という相関関係があることを理解する必要があります。

僕たち国民がこんな状態だからFXにおいても日本人は、海外の投資家からカモの標的としか見られていない訳です。

ビル・ゲイツを知らないという方はあまりいないかと思いますが、このビル・ゲイツという人物を多少なりとも理解しておく。

それは2015年、TEDトークというアメリカで毎年行われている大規模な世界的講演会において、ビル・ゲイツが言い放った預言ともとらえる事のできる発言から推測ができます。

【次に世界を襲う危機を予測】 ビル・ゲイツ氏はかねがねウイルスが世界的に流行する危険性を訴えていた。

ユーザーは、にメールを送り、自分のアカウントの復元、アクセス禁止の解除を申請することが出来る。

被害の一例• ようやくワクチン接種も始まり、以前の生活が戻ってくる期待感が高まっているが、今後、世界を脅かす危機はまだ他にもある。