玉井 金五郎 中村 哲。 「反社会勢力」という虚構〈6〉中村哲医師・人情の源泉 ── 若松任侠道 : デジタル鹿砦社通信

以前から趣味の登山で付き合いのあった福岡登高会から、ヒンズークシュ山脈への登山に医師としての同行を依頼された。

いくら点滴で水分を補給しても命を救うことはできません。

赤道祭 (新潮社 1951年 のち角川文庫• だから、政府側も反政府側も、タリバンだって我々には手を出さない。

とにかく、泥臭く、これが先生の働き方だったのです。

人生における重しが消え、これからは自分の思い通りの人生を歩んでいくことになる。

2000年頃から中央アジアは大干ばつに見舞われ、アフガニスタンでも大きな被害が出ました。

我々は安易に喜んではいません。

95
これが独立国家であろうとするアフガニスタンの人々を大いに励ましたのでしょう。 2006年3月から朝倉市となったこの地方の田植えは、麦の収穫が終わった梅雨の時期。 『ダラエ・ヌールへの道 アフガン難民とともに』石風社 1993年• あとがきで火野葦平は、かつて参加した労働運動をイデオロギーではなく市井の生活者の視点でとらえ直してみたい、というようなことを書いています。 敵を作らず、平和な信頼関係を築くことが一番の安全保障だと肌身に感じる。 交友があるノンフィクション作家の澤地久枝さんがその功績を語った。 ほとんど知られていませんが、2000年ごろに大干ばつが顕在化、農地が砂漠化し、住民はどんどん難民化していきました。 金五郎の左腕にある、菊を握った昇り龍の入れ墨から作品名「花と龍」がつけられた。 長どすを手に、方肌脱いで龍の入れ墨を見せびらかす、などというシーンは皆無です。 中村哲が現地代表となり、パキスタンとアフガニスタンで医療、水源確保(灌漑用井戸掘削・水路建設)、農業支援の活動を行っている。
53