羅生門 内容。 [ 教材研究のひろば > 高等学校 > 国語 > 「羅生門」−「目標」と「自己評価」欄を設けたワークシート− > 指導案 ]

下人は生活に困りながらも 盗みを働く勇気がない、決心がつかないということがわかります。

このころの京都は、地震や火事、飢饉など災いが続いて荒れ果て、羅生門には鬼が住むと人々から恐れられていました。

むしろ、あらゆる悪に対する反感が、一分毎に強さを増して来たのである 先ほどは「何か得体のしれない人物」であった老婆が、平凡な答えを返してきたことで、「 ただの弱々しい老婆」という認識になったのでしょう
その謎を解明するには、小説の設定を理解する必要があります …… 一太郎• 長い間、この単語については様々な研究がなされてきましたが、近年芥川の大学の講義ノートが見つかったということで、その真実が明らかになりました
それから、何分かの後である 人間が生きるために 効率の良い生産が求められ、その結果 多くの命が 失われていきます
並ぶ」と書かれています 老婆の言い分 老婆は、「死体の髪を抜くのは悪いことかもしれない
…… Word• そして羅生門には元になった物語がありました 己もそうしなければ、饑死をする体なのだ
そもそも、羅生門の場所はどこ?タイトルが「城」ではなく「生」の理由を考察! さて、それでは小説の題材となった羅生門、もとい、羅城門はどこにあるのでしょうか?残念ながら、羅城門は現存していません ( まぶた )の赤くなった、肉食鳥のような、鋭い眼で見たのである
「勇気」という言葉は、普通プラスの単語にしか付きません 嘘をついて売らなければ飢え死にしてしまうから、女のしたことを悪いとは思わない
明らかに一貫性がなく矛盾しているのですが、これが人間なのです このままここに居ても、飢え死にするだけ
さらに付け加えて言うなら、老婆の様子も下人に盗みをさせる要因になっていると考えられます 飢え死になんて絶対にしない
己もそうしなければ、饑死をする体なのだ 羅生門の全文についてはにて読む事も出来ます
しかし下人にとっては、この雨の夜に、この羅生門の上で、死人の髪の毛を抜くということが、それだけですでに許すべからざる悪であった 要するに、自分に都合の良いことが「善」、都合の悪いことが「悪」であって絶対的な基準がないということです
これを見ると、下人は明白に、この老婆の生死が、全然、自分の意志に支配されているということを意識した この男は職を失い、雨の降りこめる京都の街をぼんやりと眺めていたのである
それほど、この男の悪を憎む心は、老婆の床に挿した松の木片のように、勢いよく燃え上り出していたのである 現行の物に改稿されてから、下人は盗人になるのか、改心するのか、それとも全く別の第三の道を歩むのか、解釈は読者に委ねるような終わり方になりました
12
その決め手となるのが物語終盤の 老婆とのやりとりです このまま何もしなければ、飢え死にして犬のエサになってしまいます
下人はまた、それを行かすまいとして、押しもどす ・下人の行方は? 『羅生門』はハッピーエンドか 国語の授業などではよく、「作品のその後を想像して書きなさい」といった設問が見られたりします
下人は、太刀を 鞘 ( さや )におさめて、その太刀の 柄 ( つか )を左の手でおさえながら、冷然として、この話を聞いていた そして老婆を捕え、質問を浴びせるのですが下人の心はまた変化していきます
「では、おれが引剥をしようと恨むまいな また引き取り手のいない死人を羅生門に捨てていくという習慣が出来たため、鴉が死人の肉をついばみにくるといったように羅生門は非常に気味の悪い場所でした
短い鬚の中に、赤く 膿 ( うみ )を持った 面皰 ( にきび )のある頬である 下人の行方は、誰も知らない
しかし、これを聞いているうちに、下人の心には、ある勇気が生まれてきた 羅生門は、都と外界の境界になる場所です
24