日本 製鉄 瀬戸内 製鉄 所。 日本製鉄工場で5月に被ばく事故 2人入院 兵庫県警が捜査

- 第1高炉火入れ。 - 溶融亜鉛めっき設備稼働。 終戦から6年後の1951年に日新製鋼が建設された。 (昭和17年)12月 - 鋼板工場(後の連続熱延工場)稼動、当時新鋭の連続熱間圧延機(ホット・ストリップ・ミル)を新設し厚板の製造を開始。 - 日鉄解体に伴い、富士製鐵株式會社が継承。
77
- 連続鋳造設備を新設 粗鋼は(1基設置)で鋼片に鋳造される
(昭和32年) - 熱漬ブリキ設備稼働 9月 - 製鋼工場(設置)稼動
から約20km(約20分)• 戦後に充てられる予定となったため(昭和21年)に休止するが、解体はなされず4年後の(昭和25年)に再開した 通常、点検時には装置の電源を切るが、何らかの原因でエックス線が照射されたままになっていたとみられる
1993年(平成5年)7月 - 冷鉄源溶解設備が稼動 5月 - 電磁鋼板の製造を開始(翌(昭和37年)専用ライン稼動)
(元総務部長) 事故 [ ]• 瀬戸内製鉄所広畑地区に、さらなる投資が進むことを、期待したいと思います (昭和25年)• また最終製品の製造設備も、用、などの大形用があった
59