ハイキュー 陸 対空。 OVA

そこで1話ずつ整理し現在の形に落ち着いたという。

背番号は13。

表情の変化に乏しくやや口下手な面があるが、谷地の入部後は笑顔を見せるようになった。

常に部内のでチームメイトに適切なフォローをする他、自身が追い込まれた時でもハイテンションを保ち、チームの危機を救うスパイクを幾度となく決める不屈のメンタルの持ち主。

インターハイ予選(5 - 8巻) 音駒との練習試合を有意義に終えた烏野は、ついに県予選へと出陣する。

試合中には元気づけたり励ましたりする後輩思いの優しい主将で、春高一次予選の烏野戦の会場に駆けつけ、十和田を始めとする後輩達を鼓舞した。

80 20
希望ナンバー「819」を取得したジェイアールバス東北二戸営業所の車両 古舘の出身地・と似た風景が作中で数多く登場しており、「」に訪れるファンが多い 試合終盤で見せる高い集中力と凄みは誰もが認めており、その飽くなき闘争心や向上心を感じさせる純粋な言動は時に周囲をぞっとさせるほどの威圧感を放つ
シュヴァイデンアドラーズS() 2021年には、西谷とともに世界旅行している
県内NO. 元々で後頭部でぴっちり結びにするだったが、インターハイ県予選後にを使ったに変えている 日向、影山の「変人速攻」も完全に封じられてしまった
背番号は16 背番号は7
守りのエース不在の苦境に立たされた音駒高校だったが、主将の黒尾中心に何とか食らいついていく 県1年生選抜強化合宿メンバーに選ばれるが、初心者のため練習に付いて行けずボール拾いの日向に「お前が選ばれれば良かった」と漏らしてしまい、自己嫌悪に陥る
背番号は8 「小さな巨人」の先輩だった兄(明光)の境遇から、「たかが部活」と部活動およびに対して冷めたシニカルな姿勢をとっていた
2020年にブラジルのアーザス・サン・パウロに移籍 澤村にを送り引退
15