天心 vs 皇治。 那須川天心vs皇治感想。リスクを背負ったのは那須川天心だし、皇治はホントにおいしい試合だった。K

多くの方がおっしゃる通り、57. 要るのは「いい結果」だけなのかもしれません。 79
前半は怒りに任せた怒涛のラッシュ 実際に皇治が那須川に勝ってる点、それは、 フィジカルだ
天心は今後どんな決断を下すのか 皇治のRIZIN参戦は 意味があったのでしょうか……. リスクを負ったのは那須川天心の方だけど 今回の試合が組まれるまでの経緯には賛否両論さまざまな意見が聞かれたが、個人的な意見を言うなら 「皇治がうまくやりよったな」という感じか
いろいろな意見があっていいと思うし、人それぞれ楽しみ方があって当然だよねという話 ステップを使わないどっしり構え (2)攻撃パターンはローキックで組み立て、パンチのワン・ツー
上と見せかけて下から膝を入れたり、顔面へのワンツーからボディにつないだり、前蹴りに右のカウンターを合わせたり 2ラウンド目、天心が倒しに行ったところに、皇治の猫パンチが一発ヒットします
試合は開始直後から那須川がスピード差を発揮して皇治を圧倒する 普通に考えて一試合を挟んだ方が良いのか、それとも化けの皮が剥がれる前に天心とやりたいのか
天心君どこかな?早よおいでよ」と那須川天心をリングに呼ぶ 年内には、RIZINを最低2回はやりたいと思っているので、その中で実現させていけるようにします
RIZINで実力を示してから 具体的に言うと、フェイントと言えるフェイントがほとんどない
距離をずらすのがとにかく上手い まぁ私は 「皇治をRIZINで輝かす最もベターな方法は?」の要点で考えると、今回のいきなり天心戦は正解だと思うし『しょっぱなから天心皇治組むしかないでしょ?』と言うのが本音です
26
もしくは何ラウンドでKOするか 天心選手の代名詞である、トリケラトプス拳を仕掛ける! これもゼロではないかなというレベルです
那須川天心は「僕と試合したいってことですか?全然いいんですけど相手になるのかなって思うんですが、みんなが盛り上がるカードならやってもいいですよ」と回答 を払ってK-1を離脱しRIZINに参戦した行動力は文句なしに素晴らしいが、自分にとっておいしい相手のみを狙いに行っていたのは間違いない
周辺の階級で興行として魅力があり、なおかつ実力的に相応しい相手を見つけるのが難しい 相手の技も全部見えた
メインイベントに登場したRISEフェザー級王者那須川天心が元K-1の皇治と対戦し、3-0(30-27、30-27、30-27)の判定で勝利 なんか一生懸命生きてる感じがする
そして武尊のフィジカルと打たれ強さがあれば、2018年6月のロッタン・ジットムアンノン以上の展開に持ち込める可能性は高い 皇治と言うスター選手は、こういう日本格闘技界の構造上の問題点から生まれた、スターになれた選手なのだろうなと最近強く感じるのです
皇治がどう思っているかです 試合の後
まずそこには敬意を払いたい そこは出せた」 スポンサードリンク まとめ 天心と皇治の一戦は、天心劇場であった
5