セビージャ 対 バルセロナ。 メッシが労働者に…! バルセロナの奇策とは? セビージャを撃破したクーマン監督の狙い【分析コラム】(フットボールチャンネル)

まだ若い選手なので焦らず万全な状態で戻って来て欲しいですね。

バルサは3-5-2。

そのまま試合終了。

勿論、あわよくば勝ち点1以上という意図もあったと思いますが、前半で・カルロス、の主力組もベンチに引っ込めていることから勝利が絶対の姿勢ではなかったような気はしています。

3バックは12月のレアル・バジャドリード戦やエイバル戦で戦った布陣だが、奇策の部類に入るだろう。

前半 セビージャは4-2-3-1の布陣。

走り込んだエン・ネシリがキープ。

95

どっちみち彼らの負担は大きいんですけど、ボールホルダーにプレッシャーがかかっていること前提の戦術なので、とは言っても誰かが無理をしないと成り立たないのは変わらないです。

との勝ち点差は僅か2であり、はこの試合に負けると4位に陥落してしまいます。

バルセロナ メッシの意識改革を促したクーマンの勝利。

まだ軽くて良かったというレベルですが、国王杯セビージャ戦は欠場確実、PSG戦も出場微妙となるとかなり痛いですね。

#11デンベレ 広大なスペースを自由に使えてのびのびとプレーする。

は2試合連続の先発落ちとなりました。

イライクス・モリバとのワンツーでDFラインを突破する。

80